ヘッドラインニュース

薬健研が勉強会、伊藤阪大教授「病者用特保の開発進む」

 薬業健康食品研究会が7日開いた「2006年度第3回機能性食品勉強会」で、大阪大学大学院の伊藤壽記教授は「予防医療における機能性食品・サプリメントの活用について」をテーマに講演し、今後の展望として、病者用の特定保健用食品の開発が進むとする独自の見方を披露した。→続きは『健康産業速報』第1109号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 機能性表示、5割強で支援策 42都道府県が回答
  2. 食品安全委 新開発食品専門調査会 アガリクスの作業部会設置
  3. 米サプリ市場、5.8%増の160億ドル
  4. 厚生労働科学研究 食品の有効性評価で前進
  5. 米サプリ健康被害、200人を超える  40人以上重症
  6. 19年度厚労科学研究 健食の安全性基準作成へ 有効性ガイドライン…
  7. 雪印乳業、米国で「MBP」商品第1弾
  8. 消費者庁 健康食品検討会を設置
PAGE TOP