ヘッドラインニュース

癌学会、来月3日から横浜で 健食素材の研究発表相次ぐ プロポリスの安全性・有効性も

 第66回日本癌学会学術総会(学会会長=財団法人癌研究会癌化学療法センター所長・鶴尾隆氏)が10月3日から5日までの3日間、パシフィコ横浜で開催される。「連携―がんの着実な減少にむけて―」を総会テーマとして、がん研究に関する最新の発表を予定している。→続きは『健康産業速報』第1163号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 原料原産地表示の義務化 消費者の「誤認防止」重視
  2. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  3. 厚労省、成分表示方法で通知 区分記載を周知徹底
  4. 「クロレラで発癌予防」 サン・クロレラ、米癌学会で発表
  5. 厚労省、健食原料の自主点検でガイドライン
  6. 都調査、女子校生の7%にダイエット食品使用経験
  7. バイブル本事件、史輝出版・瀬川社長に懲役求刑
  8. 米展示会盛況 CoQ10、酵素など目立つ 大手が相次ぎ新商品投入…
PAGE TOP