ヘッドラインニュース

日本ランチェスター、モズク事業で沖縄県・津堅島と提携

 日本ランチェスター工業(079・568・5950)は、沖縄県・津堅島のモズク生産組合と提携、フコイダンを高含有するオキナワモズクを活用したOEM事業を本格的にスタートする。津堅島は、全国トップクラスのモズク(オキナワモズク)生産量を誇る。→続きは『健康産業速報』第1164号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食関連出版社の家宅捜索問題、業界に波紋
  2. 民主党・前田議員 厚労省に健食立法化迫る 「国民のための法整備を…
  3. 厚労省研究班 メタボ基準、女性の腹囲「80cm」
  4. 宝ホールディングスとアムスライフが資本・業務提携
  5. 東京都 健康食品で「利用上の注意」
  6. ナチュラルリープラス、06年売上高は横ばいに
  7. 1230号(2008年5月23日号)配信
  8. キッスビー健全食、「醗酵熟成黒にんにく」を発売
PAGE TOP