ヘッドラインニュース

NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載

 米NIHは1日、2006年度のサプリメントリサーチ年鑑を公表した。サプリメント研究を担う部門 the Office of Dietary Supplements(ODS)が、過去一年間に実施された研究の中でもっとも重要な25課題をまとめた。研究対象となった素材は、ビタミン類、イチョウ葉、エキナセア、亜鉛、ブラックコホシュなど。→続きは『健康産業速報』第1167号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 農水省、加工食品に新表示ルール
  2. 食品新素材研究会に110人 免疫特保、実現に課題も
  3. ビタミンCサプリ、「食後の摂取が効果的」 都老人研がアドバイス
  4. 日本薬品開発、米国健食市場に本格参入
  5. コーデックス、栄養表示など検討
  6. 健康産業速報ロゴ2 森川健康堂、ローヤルゼリー初の「インフォームドチョイス」認証取得…
  7. 日健栄協、新体制スタート
  8. TTC・今村氏、「美肌食品の特保は可能」 CoQ10等有力
PAGE TOP