ヘッドラインニュース

癌学会が開幕、クルクミンなど機能性素材で新知見続々

 第66回日本癌学会学術総会が3日、横浜で開幕、健康食品素材の有用性や作用メカニズムを検証した研究成果などが発表された。取り上げられた健食素材は、緑茶、クルクミン、プロポリス、ラクトフェリン、フコキサンチン、大豆イソフラボン、食物繊維、ニンニク、セラミド、ボイセンベリー、トマトリコピン、ショウガ、ザクロ、小麦タンパクなど。→続きは『健康産業速報』第1167号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食受託企業、6割が増収
  2. 安全性第三者認証、来年5~6月にも開始
  3. アピ、ローヤルゼリーで特保申請
  4. 国セン・関節健食の商品テスト 内容に疑問符
  5. ケンコーコム、上期売れ筋ナンバーワンは「α−リポ酸」
  6. 宮城県、国産のニセ薬を発見
  7. 厚労省、イグサ青汁の扱いで回答 食薬区分判定は持ち越し
  8. 関節や肌、「特保の対象範囲」
PAGE TOP