ヘッドラインニュース

都、改正景表法の運用本格化 「活水器」の根拠資料要求

 東京都は15日、磁気などを利用した「活水器」の表示で消費者の誤認を招くものがあったとして、事業者に景品表示法を順守するよう指導した。今後繰り返して違反を行う場合があれば事業者名の公表に踏み切る。

関連記事

  1. 薬学会、26日から横浜で アガリクスの報告相次ぐ 一般発表、過去…
  2. 健康増進法等の一部地方へ譲渡
  3. 1233号(2008年6月3日号)配信
  4. 日健栄協、3社にGMP認定
  5. 民主党マニフェストに「食品安全庁」構想
  6. 特別用途食品制度、改正案を発表
  7. IADSA・ペットマン氏が来日 EU、健食の統一規定作成へ 世界…
  8. 消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定
PAGE TOP