ヘッドラインニュース

都調査、健食危害相談が減少

 健康食品で危害を受けたという相談が昨年度は減少したことが、東京都消費生活総合センターがまとめた「危害・危険」に関する相談概要でわかった。都センおよび都内区市町村の消費生活相談窓口に寄せられた相談情報を分析したもの。→続きは『健康産業速報』第1175号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「機能性表示」課題で報告書案 「エキス・分泌物」追加
  2. 第5次食薬区分 改正時期は「未定」
  3. 長野県、女性の4割が健食を利用
  4. 国センが高麗人参健食の商品テスト、行政・業界に改善要望
  5. 健康食品の支出額 8ヶ月連続前年割れ 8月期、今年最大の落込
  6. 日医・健康被害情報の収集事業
  7. 「統合医療展」盛況 22%増の9812人が来場 予防分野ビジネス…
  8. 厚労省、食品の安全性確保「当然のこと」
PAGE TOP