ヘッドラインニュース

都調査、健食危害相談が減少

 健康食品で危害を受けたという相談が昨年度は減少したことが、東京都消費生活総合センターがまとめた「危害・危険」に関する相談概要でわかった。都センおよび都内区市町村の消費生活相談窓口に寄せられた相談情報を分析したもの。→続きは『健康産業速報』第1175号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. アガリクス販売で薬事法違反の疑い
  2. 関節や肌、「特保の対象範囲」
  3. 06年健食受託企業調査
  4. 健康食品の評価法で新規スクリーニング法
  5. 議連「健食問題研究会」、大濱氏招き米・EUの制度を研究
  6. ジアシルグリセロールの安全性、あすの調査会で検討
  7. 1237号(2008年6月17日号)配信
  8. 食品安全委 ビタミン類のリスク評価
PAGE TOP