ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 昨年の「総世帯」の健食支出、3・6%減
  2. 埼玉県、健食5品から医薬品成分検出 すべて海外産
  3. 健康産業速報ロゴ2 機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減
  4. 農芸化学会、28日から札幌で
  5. 農水省支援事業、葉酸高含有の「女性向け卵」開発へ
  6. 一丸ファルコス、メタボリック症候群対応の新素材「ニーム」
  7. アントシアニンで不当表示
  8. 特保マーク「消費者庁許可」に
PAGE TOP