ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 日健栄協、特保見直しで要望書
  2. 埼玉県、健食5品から医薬品成分検出 すべて海外産
  3. ロート製薬、特保の新素材開発に注力
  4. 厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」
  5. 厚労省、ブラックコホシュの利用で注意喚起
  6. セイジョー過去最高益、健食売上は20%増
  7. 経産省、「ベンチャー賞」でファーマフーズなど表彰
  8. 消費者庁 健康食品検討会を設置
PAGE TOP