ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 特定保健用食品 600品目を突破 市場規模も拡大
  2. 日健栄協、GMPコンサルタント業務を開始
  3. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
  4. リケンが債権者説明会、参加者から不満噴出
  5. 福井、島根など6県 サプリ開発で地域活性化 健食企業の立地推進
  6. 患者へのサプリメント推奨へ前進 阪大院教授・伊藤氏
  7. 山田養蜂場、全国店舗展開に着手 岡山に第1号店
  8. 08年健食支出1.8%減
PAGE TOP