ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 厚労省研究班、健食による健康被害実態を調査
  2. 和漢医薬学会レポート ウコン、イチョウ葉、プロポリスなど発表
  3. 政府予算概算要求 特保見直しの可能性も
  4. ミツカングループ調査、食酢市場1.4倍の687億円
  5. 日本栄養・食糧学会、19日から静岡で
  6. バイブル本事件、史輝出版・瀬川社長に懲役求刑
  7. 財務省 輸入通関統計 台湾産クロレラが順調 1-7月累計、5%増…
  8. 八雲香産、燃焼系サプリでエステルート本格参入
PAGE TOP