ヘッドラインニュース

健食製造者の「届出制」浮上

厚生労働省は8日、「第5回食品衛生法改正懇談会」を開催し、食品衛生法改正に関する最終的な提言をとりまとめた。

HACCPの制度化や食品用器具及び容器包装のポジティブリスト制度導入の必要性に言及。さらに、リスクの高い成分を含む「健康食品」について、健康被害防止対策にとどまらず、製造者の「営業届出制度」の創設などを今後の検討課題として示した。

詳細は健康産業速報で

関連記事

  1. 05年輸入通関累計 クロレラ、約1300トンに 韓国・中国等 海…
  2. 日健栄協、賀詞交歓会に430人
  3. 名工大・下村氏、アミノ酸特保の登場を示唆
  4. 特別用途食品検討会、対象食品見直しで業界が意見陳述
  5. 家計調査7月、健食支出8・9%減
  6. ケンコーコム、上期売れ筋ナンバーワンは「α−リポ酸」
  7. 通販協、「県民大調査」第2弾 健食購入、トップは三重県
  8. 統合医療展が閉幕、2日間で8516人が来場
PAGE TOP