ヘッドラインニュース

京都府立医大、新規のクロレラ株を発見

 京都府立医科大学の免疫・微生物教室は、野生種のクロレラをスクリーニングし、新規のクロレラ株(J005株)を発見した。同株のクロレラ抽出物を老化促進マウスに経口摂取させ、オープンフィールドテスト及び記憶解析テストにより「活動性」「ストレス耐性」「記憶力」のパラメーターを検討した結果、すべての項目において、有意な効果が現れたことを確認した。→続きは『健康産業速報』第1177号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 東京都 健食対策で環境整備 医師会との連携を検討
  2. 家計調査12月、健食支出21%の大幅増
  3. EU栄養・健康表示規則、7月スタート
  4. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
  5. 18年度予算概算要求 機能性表示で買い上げ調査、DB改修も
  6. 食品安全委、特保の安全性評価で新提案
  7. 健食の原料原産地表示 農水省通知、業界に波紋 都は独自対応に着手…
  8. アリメントとフロイント、シームレスカプセル分野で業務提携
PAGE TOP