ヘッドラインニュース

京都府立医大、新規のクロレラ株を発見

 京都府立医科大学の免疫・微生物教室は、野生種のクロレラをスクリーニングし、新規のクロレラ株(J005株)を発見した。同株のクロレラ抽出物を老化促進マウスに経口摂取させ、オープンフィールドテスト及び記憶解析テストにより「活動性」「ストレス耐性」「記憶力」のパラメーターを検討した結果、すべての項目において、有意な効果が現れたことを確認した。→続きは『健康産業速報』第1177号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 中国新時代集団、日本健食市場進出へ
  2. 厚労省08年度政策評価、健食の被害報告数も対象に
  3. 日健栄協の林理事長 安全性自主基準案の一本化へ道筋 EUや米国の…
  4. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
  5. 米裁判所、FDAのエフェドラ規制を支持
  6. 日健栄協、健食安全性自主基準の一本化に向け始動
  7. 静岡県、中国製ニセ薬を発見
  8. NNFA−J、GMPプログラムを新機関に譲渡
PAGE TOP