ヘッドラインニュース

自民党、特商法改正の検討に着手 訪販・通販規制強化へ

 自民党・経済産業部会は28日、特定商取引と割賦販売法を改正するための検討に着手した。経済産業省の産業構造審議会・小委員会が27日に特定商取引法改正の報告書、28日に割賦販売法改正の報告書を取りまとめたことを受け、議論は政治の場へと移った。→続きは『健康産業速報』第1183号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 表示政策、政党間に温度差
  2. 厚労省研究班 心筋梗塞の原因リスクを低減する素材明らかに
  3. 厚労省研究班 メタボ基準、女性の腹囲「80cm」
  4. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
  5. 機能性表示食品を検証 「地域振興に」「健食のレベル向上」
  6. 亜麻公社、亜麻仁油の原料・OEMに注力
  7. 家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委…
  8. 東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」
PAGE TOP