ヘッドラインニュース

予算概算要求 機能性表示研究に8300万円

【健康産業速報1457号トップニュース】消費者庁は26日、食品の新たな機能性表示制度を研究するため、来年度政府予算の概算要求で、「食品の機能性評価モデル事業」(新規)として8300万円を求める方針を固めた。消費者庁が行う来年度事業の目玉。25~26日にかけて・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆グリシドール脂肪酸エステルの体内動態、ラットとサルで異なる結果
◆消費者庁、来年度予算概算要求 食品表示法の一元化で4千万円
◆埼玉県、09年度消費者相談減少 健食マルチは横ばい
◆新潟発「健康ビジネス協議会」、会員企業80社に迫る
他ニュース多数!

関連記事

  1. 昨年の健食企業倒産、過去5年で最悪の31件
  2. 内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える
  3. 【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成…
  4. 健康食品、利用のポイントは「効果」 秋田などで意識調査
  5. 日健栄協、GMPコンサルタント業務を開始
  6. 日健栄協・林理事長 有用な健康食品の「5条件」 エビデンスを重要…
  7. RJ原料相場の上昇続く 中国内需増が背景に
  8. 明治製菓、新甘味素材を開発 「健康事業の目玉に」
PAGE TOP