ヘッドラインニュース

予算概算要求 機能性表示研究に8300万円

【健康産業速報1457号トップニュース】消費者庁は26日、食品の新たな機能性表示制度を研究するため、来年度政府予算の概算要求で、「食品の機能性評価モデル事業」(新規)として8300万円を求める方針を固めた。消費者庁が行う来年度事業の目玉。25~26日にかけて・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆グリシドール脂肪酸エステルの体内動態、ラットとサルで異なる結果
◆消費者庁、来年度予算概算要求 食品表示法の一元化で4千万円
◆埼玉県、09年度消費者相談減少 健食マルチは横ばい
◆新潟発「健康ビジネス協議会」、会員企業80社に迫る
他ニュース多数!

関連記事

  1. 沖縄技術成果発表会、19日に那覇で
  2. 10年度 景表法措置件数47%増
  3. 兵庫県苦情相談、認知症患者に健食販売
  4. ハウス食品、武田食品の飲料・健食事業を子会社化
  5. 健康寿命延伸へ、ヘルスケア市場創出を 経産省・江崎氏
  6. 経産省事業、「特保開発」「抗メタボ食品素材開発」など支援
  7. 公取委、やずやに排除命令 香醋の広告表示で
  8. 「核酸」市場規模、300億円を突破
PAGE TOP