ヘッドラインニュース

予算概算要求 機能性表示研究に8300万円

【健康産業速報1457号トップニュース】消費者庁は26日、食品の新たな機能性表示制度を研究するため、来年度政府予算の概算要求で、「食品の機能性評価モデル事業」(新規)として8300万円を求める方針を固めた。消費者庁が行う来年度事業の目玉。25~26日にかけて・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆グリシドール脂肪酸エステルの体内動態、ラットとサルで異なる結果
◆消費者庁、来年度予算概算要求 食品表示法の一元化で4千万円
◆埼玉県、09年度消費者相談減少 健食マルチは横ばい
◆新潟発「健康ビジネス協議会」、会員企業80社に迫る
他ニュース多数!

関連記事

  1. 大阪商工会議所、機能性表示制度で建議 生鮮食品の独自基準要望
  2. 東洋新薬、「紅麹」でグンゼと事業提携
  3. 日本雑穀協、「雑穀エキスパート」を養成
  4. 農水省、健食企業と生産者の「マッチング」システム具体化
  5. 天真堂、機能性表示OME事業に参入
  6. 06年前半・健食受託市況 3割の企業が経営悪化
  7. クロレラ工業、クロレラの原料供給事業を本格化
  8. 通販協調査、健食含む「食料品」売上が6ヵ月連続前年上回る
PAGE TOP