ヘッドラインニュース

疫学会、25日から都内で 緑茶の有用性明らかに がん・死亡リスク低下

 第18回日本疫学会学術総会が25、26の両日、都内で開催される。脂肪酸、葉酸、緑茶など、食品成分と疾病の関連を探索した研究の発表が多数行われる。→続きは『健康産業速報』第1193号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食受託企業、6割が増収
  2. CMPグループ主催のHiE閉幕、カーギルの機能性甘味料に金賞
  3. 新食事摂取基準、4月適用
  4. 健食定期購入で紛争解決 過誤払い分を全額返還「是正図る行政措置を…
  5. ビタミン学会、経産省・江崎氏、米ODSら講演
  6. 健全協、「健康産業全国協議会」に名称変更へ(1/24)
  7. 07年特保市場規模、6%増の7100億円
  8. 小林製薬、「杜仲葉がメタボリック症候群に有効」
PAGE TOP