ヘッドラインニュース

疫学会、25日から都内で 緑茶の有用性明らかに がん・死亡リスク低下

 第18回日本疫学会学術総会が25、26の両日、都内で開催される。脂肪酸、葉酸、緑茶など、食品成分と疾病の関連を探索した研究の発表が多数行われる。→続きは『健康産業速報』第1193号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. NIH、サプリ年鑑にイチョウやエキナセアなど収載
  2. 都、「健康食品データベース」運用開始へ 製品情報を収載
  3. 「あるある」後継番組、順調な滑り出し
  4. 総務省 06年の家計調査 健食支出、前年比18%減 12ヵ月連続…
  5. DgSに健食ブームの反動影響、今後は回復との見方も
  6. 健康増進法、消費者庁に移管 特保表示変更へ
  7. 経団連 政府に規制改革要望 健食表示の拡充迫る 4・13事務関連…
  8. 厚労省、「えび・かに」のアレルギー表示義務化で意見
PAGE TOP