ヘッドラインニュース

疫学会、25日から都内で 緑茶の有用性明らかに がん・死亡リスク低下

 第18回日本疫学会学術総会が25、26の両日、都内で開催される。脂肪酸、葉酸、緑茶など、食品成分と疾病の関連を探索した研究の発表が多数行われる。→続きは『健康産業速報』第1193号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 経産省、健食の連鎖販売業者に取引停止命令
  2. 健食新制度、来年度実現へ
  3. サプリ支出、回復基調に
  4. 食品安全委 アガリクス問題で調査会 試験結果、8月にも報告 安全…
  5. FDA、「キャノーラ油と心疾患リスク低減」表示認める
  6. 農研機構「機能性表示、積極活用」 20億予算、ヒトデータを蓄積
  7. 中高年の7割、「生活習慣病に不安」 ロート製薬調べ
  8. 滋賀県、中国輸入健食から医薬品成分 岡崎市の事例と関連か
PAGE TOP