ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三者認証

 厚生労働省の「健康食品」の安全性確保に関する検討会は26日、6回目の会合を開き、健康食品のGMP認証の信頼性を高めるため、行政が関与する形の第三者認証制度を導入する方向性が示された。実現すれば、現在認証機関によってばらつきがみられる認証基準は統一される。→続きは『健康産業速報』第1207号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 長野県、女性の4割が健食を利用
  2. カルシウムの疾病リスク低減型特保、食品安全委の評価不要へ
  3. 家計調査3月 健食支出6.4%減
  4. 公取委、景表法の表示違反に課徴金を導入 独禁法を改正
  5. 「酵素・酵母食品」市場規模 33%増の360億円
  6. TTC・今村氏、「美肌食品の特保は可能」 CoQ10等有力
  7. 欧州裁判所、ニンニクエキス末を食品と判断 今度の食薬区分に影響も…
  8. 健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定
PAGE TOP