ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三者認証

 厚生労働省の「健康食品」の安全性確保に関する検討会は26日、6回目の会合を開き、健康食品のGMP認証の信頼性を高めるため、行政が関与する形の第三者認証制度を導入する方向性が示された。実現すれば、現在認証機関によってばらつきがみられる認証基準は統一される。→続きは『健康産業速報』第1207号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 大阪府、台湾産ニセ薬を発見
  2. CRN-J、厚労省監視指導・麻薬対策課の村上課長招き緊急企画
  3. 厚労省 健食安全性検討会 業界団体が意見陳述 健食の法制化を要求…
  4. 共立女子大・高宮氏、「カカオマスにデトックス効果」
  5. 成人病学会、来年1月に都内で
  6. 小林製薬、薬とサプリの相互作用をデータベース化
  7. 国立栄研、特保の有効性情報を公開 ヒト試験の詳細も
  8. 通販協調査、「食料品」の伸び率が鈍化 全体の売上も減少
PAGE TOP