ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三者認証

 厚生労働省の「健康食品」の安全性確保に関する検討会は26日、6回目の会合を開き、健康食品のGMP認証の信頼性を高めるため、行政が関与する形の第三者認証制度を導入する方向性が示された。実現すれば、現在認証機関によってばらつきがみられる認証基準は統一される。→続きは『健康産業速報』第1207号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 中国製ニセ薬で健康被害拡大 都内で死亡事例も
  2. 健食業界に新勢力 「エグゼクティブ会議」発足 ミーティングに30…
  3. 4・13事務連絡 半数の自治体が今も使用 裁量行政の横行やまず
  4. 15年度サプリ支出0.4%増 3月大幅増、プラスで着地
  5. カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査
  6. 農水省の「ブランド・ニッポン」開発、健康食品多数
  7. 特定健診でメタボ予防 健康食品市場に商機 来年4月スタート
  8. JAMA ダイエット法を検証
PAGE TOP