ヘッドラインニュース

厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三者認証

 厚生労働省の「健康食品」の安全性確保に関する検討会は26日、6回目の会合を開き、健康食品のGMP認証の信頼性を高めるため、行政が関与する形の第三者認証制度を導入する方向性が示された。実現すれば、現在認証機関によってばらつきがみられる認証基準は統一される。→続きは『健康産業速報』第1207号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 花粉症売れ筋、トップは「じゃばら」 ケンコーコム調べ
  2. 厚労省 健食安全性検討会 GMP指針改正で大筋合意 結論は6月に…
  3. 原産地表示義務化、消費者庁、意見募集
  4. 日健栄協、改革の7本柱を発表
  5. 経産省、各地で健食開発を推進
  6. 「リパミンPS」、米FDAよりGRAS取得
  7. 農水省 技術開発支援で新産業創出 食品機能性研究など公募(1/2…
  8. 京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」…
PAGE TOP