ヘッドラインニュース

疾病リスク低減特保、安全性評価が一歩前進

 骨粗鬆症に対応する疾病リスク低減型特定保健用食品として申請された2品が、10月31日に非公開で開催された食品安全委員会の新開発食品専門調査会で「安全性に問題がない」と判断されたことが、6日までにわかった。→続きは「健康産業速報」第1075号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ベストアメニティ、ゴルフ場と命名権契約締結
  2. 日健栄協・賀詞交歓会、「再浮上と信頼回復の幕開け」
  3. 「機能性表示」届出ガイドライン改正、1日からオンライン化 消費者…
  4. JIHFS、2社3工場にGMP認定
  5. CMPグループ主催のHiE閉幕、カーギルの機能性甘味料に金賞
  6. 固有記号関連で事務連絡
  7. 厚労省、スギ花粉健食の対応方針を通知 取り締まり厳しく
  8. 抗疲労研究所が設立、金線蓮・コロハなど商品化へ
PAGE TOP