ヘッドラインニュース

疾病リスク低減特保、安全性評価が一歩前進

 骨粗鬆症に対応する疾病リスク低減型特定保健用食品として申請された2品が、10月31日に非公開で開催された食品安全委員会の新開発食品専門調査会で「安全性に問題がない」と判断されたことが、6日までにわかった。→続きは「健康産業速報」第1075号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協、「プロポリス規格基準」見直し案で説明会
  2. 味の素、アミノ酸原料増産へ ブラジルに新工場建設
  3. 特保申請、記載不備など目立つ
  4. アガリクスの安全性評価、ついに決着
  5. ロート製薬、目黒化工を子会社化へ
  6. 厚労省、アガリクス2品の安全性「問題なし」
  7. 厚労省 L-シトルリンで17日に通知 食品への利用可能に 「Co…
  8. 米サプライサイド・ウェスト ビタミン、緑茶等目立つ
PAGE TOP