ヘッドラインニュース

厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加

 厚生労働省が4月30日に公表した2006年度国民健康・栄養調査結果から、1日・1人あたりの栄養補助食品と特定保健用食品を合わせた摂取量が前年度の11・8gから12・8gへ増加したことがわかった。→続きは『健康産業速報』第1225号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 日健栄協、3社にGMP認定
  2. ハウス食品、乳酸菌事業に本格参入
  3. 和漢医薬学会、26日から岐阜で ローヤルゼリーの発表目立つ 潰痬…
  4. 都調査、健食危害相談が減少
  5. 食品開発展が開幕
  6. α−リポ酸原料、今年の流通量は80トン超の見通し
  7. ケンコーコム、上期売れ筋ナンバーワンは「α−リポ酸」
  8. 「消費者委員会」メンバー固まる
PAGE TOP