ヘッドラインニュース

厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加

 厚生労働省が4月30日に公表した2006年度国民健康・栄養調査結果から、1日・1人あたりの栄養補助食品と特定保健用食品を合わせた摂取量が前年度の11・8gから12・8gへ増加したことがわかった。→続きは『健康産業速報』第1225号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食産業振興検討会 業界団体統一に向け始動
  2. 健食等、関連法令違反で措置相次ぐ 消費者庁、3月すでに3件公表
  3. ローヤルゼリー特保、ついに許可
  4. 特保の7割が市販後情報を収集
  5. 都、健食専門委が最終会合 健食の枠組作りにも言及
  6. DgS各社、健食売上が好調
  7. カロテノイドの摂取で動脈硬化予防 果樹研などが疫学調査
  8. 抗疲労特保、今月にも申請へ
PAGE TOP