ヘッドラインニュース

厚労省調査、栄養補助食品・特保の摂取量が増加

 厚生労働省が4月30日に公表した2006年度国民健康・栄養調査結果から、1日・1人あたりの栄養補助食品と特定保健用食品を合わせた摂取量が前年度の11・8gから12・8gへ増加したことがわかった。→続きは『健康産業速報』第1225号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 林原、会社更生手続き開始
  2. プロポリス協議会、創立20周年式典に100人
  3. 統合医療展が閉幕、2日間で8516人が来場
  4. 「消費者基本計画」工程表改定、機能性表示施行状況踏まえ見直し検証…
  5. アスタキサンチンに抗がん効果
  6. ケンコーコム健食番付、東の横綱にCoQ10 キヌアもヒット
  7. CRN-J 新体制が発足
  8. 06年特保市場規模、6%増の6700億円に
PAGE TOP