ヘッドラインニュース

農水省、商品情報開示制度を構築

【1318号トップニュース】農林水産省はインターネット通販やカタログ通販で販売される加工食品について、原材料表示や原料原産地表示などの情報開示に関するルールづくりに乗り出す。近く検討会を立ち上げ、義務化も視野に入れながら具体策を探る。
【主なニュース】
・厚労省、輸入食品モニタリング計画を通知
・都、行政処分の協力者を支援
・ミツバチ不足、農水省が実態調査へ
・農水省事業、7機能性食品を評価
【新商品】ヤクルトヘルスフーズ、協同乳業
他ニュース多数!

関連記事

  1. 公取委、18年度排除命令 過去33年で最高の32件 健食の不当表…
  2. 葉酸・VB6「動脈硬化を予防」
  3. 食品成分表、増補版の発行決定 VE関連など新規収載
  4. クロレラ工業、クロレラの原料供給事業を本格化
  5. カプスゲル・ジャパン、魚由来ゼラチンハードカプセルを発売
  6. 被害救済装い悪質勧誘、健食購入者らターゲットに 「カモリスト」が…
  7. 健康産業速報ロゴ2 機能性表示、17年度受理数は前年度比27%減
  8. 抗加齢医学会、アンチエイジングの専門医・指導士を認定
PAGE TOP