ヘッドラインニュース

日本学術会議の分科会、健食で提言へ

【1317号トップニュース】「健康食品の効き目とリスク~誰が何を決めるか~」と題した日本学術会議パブリックヘルス分科会・日本衛生学会合同の公開シンポジウムが1日、都内で開かれた。
【主なニュース】
・厚労・農水省が連携、生鮮食品の特保化を支援
・厚労省人事
・家計調査2月、健食支出が減少
・都、健康被害情報の報告義務付け
・神奈川県が素案、食品輸入業者に届け出義務付け
・理研が特別研究室
他ニュース多数!

関連記事

  1. 千葉県、生活習慣病の予防・早期診断システム構築へ
  2. カルピス、欧州でアミールペプチド原料の本格展開
  3. 厚労省 食薬区分改正案で意見募集
  4. 研究レビュー検証で報告書 「質」を評価 「SR」51編対象、改善…
  5. 葉酸摂取で医療費削減
  6. 血糖値対応の健食市場、550億円に
  7. 日清ファルマ、CoQ10の製造ラインを増設 11月に本格稼動
  8. 統合医療で本社セミナー 統合医療検討委・丹羽氏が登壇
PAGE TOP