ヘッドラインニュース

【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成

 消費者庁の「健康食品の表示に関する検討会」は28日、最終会合を開き、昨年11月に開始した健食表示全般に関する議論を終えた。表示の取り締まり強化を求める一部の消費者委員に押され、規制強化色の濃い結論となった。近く論点整理を公表し、8月下旬にも消費者委員会に報告する。
 論点整理は最終会合で出た意見を反映して公表されるが、この日示された案から重要な変更はないとみられる。11回開かれた検討会では、表示規制の緩和を求める業界委員と、グレーゾーンの表示も含めて厳しく取り締まるよう求める一部の消費者委員が鋭く対立。商品選択のための情報開示が必要とする良識派の声はかき消され、最後まで溝は埋まらなかった。後半戦に入り、一部の消費者委員が規制強化を強く求めた一方、業界委員の反論は弱く、流れは規制強化に傾いた。ただ、悪質な表示に焦点をあてた対策にとどまるとみられ、当初業界内で懸念されていた“言葉狩り”のような規制にはならない模様だ。

関連記事

  1. 「機能性表示」改善で8項目、規制改革推進会議が答申
  2. 18年度予算概算要求 機能性表示で買い上げ調査、DB改修も
  3. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
  4. 亜麻公社、亜麻仁油の原料・OEMに注力
  5. 厚労省の健食安全性検討会が報告書骨子案、6月に決着
  6. アスタキサンチンに抗がん効果
  7. 健康博覧会、来週22日開幕 560社・930小間で過去最大
  8. 国立栄研、医薬基盤研究所と統合
PAGE TOP