ヘッドラインニュース

内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える

 内閣府は12日、「食育に関する意識調査」の結果を発表した。調査は3月に実施、成人1831人から回答を得た。「食育」をいう言葉を知っていた割合は65・2%で、前回調査から12・6ポイント増加。食育に関心がある割合は約7割で、横ばい傾向にある。→続きは『健康産業速報』第1127号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 都、47の健食製造業者に立入調査 「問題となる施設なし」
  2. 栄養機能食品、規格基準値見直しへ
  3. 東海漬物、健食市場に本格参入
  4. 薬学会、28日から仙台で 健食関連の発表100題以上
  5. DAGのリスク評価、「プロモーター」の統一見解必要
  6. 中国、無店舗販売など規制緩和
  7. 厚労省研究班 アガリクスの臨床試験開始 安全性・有効性を検証 結…
  8. 厚労省・増田氏、健食安全性などで法制度改正も視野 CRN勉強会で…
PAGE TOP