ヘッドラインニュース

内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える

 内閣府は12日、「食育に関する意識調査」の結果を発表した。調査は3月に実施、成人1831人から回答を得た。「食育」をいう言葉を知っていた割合は65・2%で、前回調査から12・6ポイント増加。食育に関心がある割合は約7割で、横ばい傾向にある。→続きは『健康産業速報』第1127号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 癌学会、14日から札幌で CoQ10に抗がん作用
  2. 1241号(2008年7月1日号)配信
  3. ベストアメニティ、ゴルフ場と命名権契約締結
  4. バイオアクティブズ、カロテノイド原料の供給開始
  5. 薬学会、28日から富山で CoQ10、リポ酸等発表 コタラヒムが…
  6. 消費者庁 健食等の表示でネット調査
  7. 「4.13事務連絡」の明確化、内閣府担当室が厚労省に検討要請
  8. 「健康食品に政府の規制を」 国政モニターが提言
PAGE TOP