ヘッドラインニュース

内閣府調査、メタボ症候群「言葉知っている」9割超える

 内閣府は12日、「食育に関する意識調査」の結果を発表した。調査は3月に実施、成人1831人から回答を得た。「食育」をいう言葉を知っていた割合は65・2%で、前回調査から12・6ポイント増加。食育に関心がある割合は約7割で、横ばい傾向にある。→続きは『健康産業速報』第1127号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. ロート製薬と森下仁丹、7月に共同販売会社設立へ
  2. CPhI、18日に東京ビッグサイトで開幕
  3. 「統合医療展」盛況 22%増の9812人が来場 予防分野ビジネス…
  4. 経産省研究会 健康食品の活用を提言
  5. カネボウ、健康食品の通信販売をスタート
  6. 【速報スペシャル】 健康食品、都民に浸透 3人に2人が摂取
  7. 備前化成、グァバフェノンの拡販に注力
  8. 中国保健協会、健康博覧会に来日
PAGE TOP