ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 食品安全委、DAG評価で論点整理 厚労省は追加試験に着手
  2. 19年度概算要求 健康食品対策を拡充 特別用途食品の見直しも
  3. 機能性表示で特許戦争へ 「用途特許」で出願の動き
  4. 14年の世界オーガニック市場、9兆円
  5. 小岩井乳業、花粉症対応のヨーグルト飲料
  6. FDA、「キャノーラ油と心疾患リスク低減」表示認める
  7. リスク低減型特保、安全性評価は再審議に
  8. 都の健食試買調査、77品中62品が違反
PAGE TOP