ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 都委員会、マスコミ健康情報「不十分」
  2. エグゼクティブ会議、福岡で緊急セミナー
  3. 厚労省 大豆イソフラボンで指針案 特保以外の健食も対象に
  4. 高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記
  5. アムスライフ、本草製薬からの事業譲り受けで契約締結
  6. アムスライフ、自然食品販売の正直村を子会社化へ
  7. 通販協、新会長にディノス・石川氏
  8. ファーマフーズ、マザーズ上場へ
PAGE TOP