ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. DgSに関する消費者意識調査、利用率トップはマツモトキヨシ
  2. 日本弁護士連合会 全国で「健食被害110番」 法改正の提言も視野…
  3. 厚労省 アガリクス問題で前進 安全性試験が大詰め 今月末にも最終…
  4. CRN-J、田中平三氏招き9月に勉強会
  5. 04年受託製造企業調査
  6. 5年の食品研究成果を報告
  7. 抗加齢医学会 CoQ10、1200mgまで安全
  8. 日健栄協、新体制スタート
PAGE TOP