ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 栄養機能食品の拡充検証
  2. 人間ドック全国集計、「高コレステロール」最多
  3. 日本テレビ、ダイエット食品に「太る可能性あり」
  4. 特保申請品目にアイケア関連
  5. アガリクス・ブラゼイ協議会発足、会員に安全性データ取得義務付け
  6. 「CoQ10の上限値は1200mg」 CRN・ハズコック氏が指摘…
  7. 特保新たに7品、ティーバッグ型など許可
  8. 健康被害起こしたスギ花粉健食、厚労省が医薬品と判定
PAGE TOP