ヘッドラインニュース

「機能性表示」で分析状況調査

消費者庁は17日、機能性表示食品の分析実施状況についての実態調査を行うことを明らかにした。調査対象は今年9月30日までに届け出られた機能性表示食品。販売実績や製造頻度なども調べる。このほか、健康被害の情報収集に関する検証も行う。委託事業として来年3月30日まで実施し、報告書をまとめる。

 

 

健康産業速報では、行政動向などを詳しくお伝えしています。

媒体紹介

関連記事

  1. 議連「健食問題研究会」 石崎会長ら、新法制定で一致 来年の通常国…
  2. 「ビルベリーで脚のむくみ改善」 ブルーベリー国際シンポで
  3. 日健栄協、新特保制度でQ&A集
  4. ローヤルゼリー特保、安全性評価をクリア
  5. 人間ドック全国集計、「肥満」微増で2位に
  6. 健康産業新聞と総研 健食ニーズ徹底分析 「効果効能」を最重要視 …
  7. 広がる被災地への支援活動、日健栄協通じ救援物資
  8. 日本予防医薬、抗疲労特保を申請
PAGE TOP