ヘッドラインニュース

健食監視、「直接指導も」

【健康産業速報1478号トップニュース】消費者庁の「インターネット消費者取引研究会」は11日、健康食品などのインターネット広告の取り締まりをテーマに議論した。同庁食品表示課の相本浩志課長が、ネット上の健食広告の取り締まり状況を報告。出席した委員から、健食広告のネット監視業務のあり方について・・・(続きは本紙で)
【主なニュース】
◆消費者庁、抗酸化表示を「注視」
◆9月の健食通販売上1.7%減
◆消費者庁・国セン、来月から医療機関通じ健食等の被害収集
◆国セン、健康被害の相談件数 健食は横ばい
◆九州薬品工業、来春目途に新工場建設
◆ユーグレナ、都ベンチャー技術大賞の「大賞」受賞
他ニュース多数!

関連記事

  1. プエラリア問題で対応決定 全製造過程で安全確保要求 健食被害の収…
  2. 米国、新たな食生活指針 不足栄養素の補充に「サプリ有効」
  3. 福井、島根など6県 サプリ開発で地域活性化 健食企業の立地推進
  4. 機能性表示、薬局でのサプリ活用モデルに期待
  5. 厚生労働科学研究 サプリ30種類を調査
  6. 「健康食品産業振興検討会」が発足
  7. 健全協、「健康産業全国協議会」に名称変更へ(1/24)
  8. 原料原産地表示の義務化 消費者の「誤認防止」重視
PAGE TOP