ヘッドラインニュース

内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表

 ウエストサイズが男性85cm以上、女性90cm以上になると、内臓脂肪が蓄積している恐れがあり、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患リスクが高くなる「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の危険信号―ー9日まで大阪で開催された日本内科学会で、メタボリックシンドロームの診断基準が発表された。

関連記事

  1. ミツバ貿易、サージの化粧品提案強化
  2. 日健栄協、3月にCoQ10販売後調査の中間報告
  3. NNFA、食薬区分テーマにセミナー
  4. マルチ取引の相談増加 健食の悪用目立つ 警察庁などへ情報提供
  5. 千葉県、VE健食の規格基準は適正
  6. 大正製薬、60mg配合のCoQ10サプリを発売
  7. 消費者庁、健食広告の監視強化 17年度予算案が閣議決定
  8. 厚労省の健食安全性検討会、業界団体の意見陳述を公募
PAGE TOP