ヘッドラインニュース

内科学会など8学会 内臓脂肪症候群の診断基準を発表

 ウエストサイズが男性85cm以上、女性90cm以上になると、内臓脂肪が蓄積している恐れがあり、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患リスクが高くなる「メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)」の危険信号―ー9日まで大阪で開催された日本内科学会で、メタボリックシンドロームの診断基準が発表された。

関連記事

  1. 通販協調査、健食含む「食料品」売上が回復
  2. 厚労科学研究 特保の新利用法を提示 併用で有効性高まる 抗動脈硬…
  3. 「ビルベリーで脚のむくみ改善」 ブルーベリー国際シンポで
  4. タイセイ、ケンコーコムと提携
  5. 通販協調査、健食含む「食料品」好調
  6. 健康博覧会 セミナープログラム決定
  7. 通販企業・実態報告書 取扱商品、健食がトップ 46%の企業が販売…
  8. 特別用途食品検討会、対象食品見直しで業界が意見陳述
PAGE TOP