ヘッドラインニュース

厚労省研究班、特別用途食品制度の見直し案示す

 特別用途食品制度の見直しの方向性を示す厚生労働科学研究の分担研究報告書がまとまった。分担研究者は藤田保健衛生大学医学部の東口髙志氏。特別用途食品は昭和48年に制度化されたが、特段の見直しがなされないまま現在に至っている。→続きは『健康産業速報』第1143号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 埼玉県、中国製健食で健康被害
  2. 静岡県、健康食品開発支援でパイロットプラント整備
  3. あるある問題、過去520本の番組内容検証 健食業界へ影響も
  4. 佐賀県、輸入健食から医薬品成分
  5. 米、3割の子どもがサプリ利用 マルチビタミンが人気
  6. 東京都、健食講習会を開催
  7. アスク薬品、「オリーブ葉エキスで高血圧改善」
  8. 6月の健食支出、1000円台回復
PAGE TOP