ヘッドラインニュース

厚労省研究班、特別用途食品制度の見直し案示す

 特別用途食品制度の見直しの方向性を示す厚生労働科学研究の分担研究報告書がまとまった。分担研究者は藤田保健衛生大学医学部の東口髙志氏。特別用途食品は昭和48年に制度化されたが、特段の見直しがなされないまま現在に至っている。→続きは『健康産業速報』第1143号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 九州地域バイオクラスター推進協議会が27日発足
  2. 機能性食品開発で研究成果集
  3. 家計調査10月、健食支出2.5%増
  4. 厚労省 健食被害検討会 委員決定、25日に初会合 臨床医等で組織…
  5. 米IFT、「低GI値素材」が台頭
  6. アガリクス販売で薬事法違反の疑い
  7. 亜麻公社、亜麻仁油の原料・OEMに注力
  8. 厚労省 健食安全性検討会 GMP基準統一の方向へ 行政関与の第三…
PAGE TOP