ヘッドラインニュース

東京都試買調査 不適正表示に改善指導 「機能性表示」で1品に不備

sokuhou.jpg

東京都は25日、違反の可能性が高い商品を対象とした健康食品の試買調査結果を発表、購入した126品のうち103品に不適正表示があったことを明らかにした。機能性表示食品も調査対象になり、1品で保存方法などの表示に不備があった。


調査は都が定期的に行っているもの。店頭のポップやネット上の表示などで「法令違反の可能性が高い」ものを選定して実施している。その結果、大手・・・
(詳しくは「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 中高年の7割、「生活習慣病に不安」 ロート製薬調べ
  2. RJ輸入量が4割増
  3. 健食利用の契機、成分で差異
  4. ロート製薬、新研究所で特保など開発
  5. 条件付特保、実際の商品への表示は…?
  6. CMPグループ主催のHiE閉幕、カーギルの機能性甘味料に金賞
  7. 18年度予算概算要求 機能性表示で買い上げ調査、DB改修も
  8. 日健栄協、グルコン酸とウコンで規格基準
PAGE TOP