ヘッドラインニュース

「関与成分不明確」食品、新制度への追加議論

sokuhou.jpg

合田氏、3クラスの分類案 導入可能な提案として注目
消費者庁は26日、「機能性表示食品制度における機能性関与成分の取扱い等に関する検討会」の第5回会合を開き、機能性関与成分が不明確な食品を3段階にクラス分けする案などが検討された。また機能性表示食品制度に関する懸賞事業の結果概要を報告した。(2面に関連記事)


クラス分け案は第2回検討会で国立医薬品食品衛生研究所の合田幸広委員が提案したもの(表)。たとえばクラス1ではセンノシドを含む「センナ」、クラス2ではグ・・・
(詳しくは5月27日付「健康産業速報」で)





毎号6ページ、毎週12ページ/ウェブでは一部の紹介のみです。
紙面では企業動向含めた様々な情報をお届けしています。
「健康産業速報」をご購読ください。

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


関連記事

  1. 国セン、大豆イソフラボン健食をテスト
  2. アンチ・エイジング・ライフ、「ナリネ菌」のOEM提案開始
  3. 農水省、健食企業と生産者の「マッチング」システム具体化
  4. 健食「送りつけ」2.6倍 東京都の消費者相談
  5. スポーツサプリ21成分でファクトシート プロテイン、HMBなど …
  6. 消費者庁予算案 機能性研究に7000万円 候補にノコギリヤシ、グ…
  7. 抗疲労特保、今月にも申請へ
  8. 厚労省人事、大川広告専門官が異動
PAGE TOP