ヘッドラインニュース

メタボ症候群、認知度が急上昇 オムロンヘルスケア調査

 メタボリックシンドロームの認知度がこの1年で大幅に上昇したことが、オムロンヘルスケアが24日に発表した調査結果でわかった。調査は12~15日に実施、30~50代の男女1333人から回答を得た。その結果、メタボリックシンドロームという言葉を「知っている」と回答した人は73.9%。→続きは『健康産業速報』第1097号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健康志向食品の06年市場規模、富士経済の推計は1.2兆円 
  2. 「栄養表示の義務化」打ち出す
  3. 野田食菌、販売部門分離し新会社設立
  4. 都、今春の飛散花粉数予測「昨年の2~3倍」
  5. アピ、サプリ研究会を開催 全国から学識者が参集
  6. 財務省 輸入通関統計 台湾産クロレラが順調 1-7月累計、5%増…
  7. 厚労省、15年国民健康・栄養調査 健食で栄養摂取量が増加
  8. 総務省 家計調査5月 健食支出、底バイ状態続く 2ヵ月連続前年割…
PAGE TOP