ヘッドラインニュース

厚労省研究班、カロテノイドの「必要量」を検討

 厚生労働省は、カロテノイドの必要量を明らかにすることを目的とした研究に着手した。滋賀県立大学教授の柴田克己氏を主任研究者とする厚生労働科学研究のなかで実施。カロテノイドの分担研究を行うのは徳島大学大学院教授の寺尾純二氏。

関連記事

  1. 家森氏、イソフラボンで講演 「摂取目標量」でがん予防 食品安全委…
  2. 神奈川県警、薬事法違反容疑で健食販売企業の2人を逮捕
  3. アピ、揖斐川工場が今夏稼動 健食受託急増に対応
  4. 聘珍樓、燕の巣サプリで健食市場に参入
  5. 都、連鎖販売業者に初の取引停止命令
  6. 家計調査5月 健食支出35%増
  7. 厚労省、健食原料の自主点検でガイドライン
  8. 野田食菌、販売部門分離し新会社設立
PAGE TOP