ヘッドラインニュース

厚労省研究班、カロテノイドの「必要量」を検討

 厚生労働省は、カロテノイドの必要量を明らかにすることを目的とした研究に着手した。滋賀県立大学教授の柴田克己氏を主任研究者とする厚生労働科学研究のなかで実施。カロテノイドの分担研究を行うのは徳島大学大学院教授の寺尾純二氏。

関連記事

  1. FDA 健食対策で「ロードマップ」
  2. 特保の候補続々、「尿酸値が高めの方に」
  3. 09年度コラーゲン販売量、5000トン突破で過去最高
  4. 通販協、「県民大調査」第2弾 健食購入、トップは三重県
  5. 自民党・経産部会 健食開発など、地域資源活用促進法案を了承
  6. 抗加齢医学会 CoQ10、1200mgまで安全
  7. 16年BtoC電子商取引、15兆円突破、健食も売上増
  8. 「機能性表示」課題で報告書案 「エキス・分泌物」追加
PAGE TOP