ヘッドラインニュース

厚労省研究班、カロテノイドの「必要量」を検討

 厚生労働省は、カロテノイドの必要量を明らかにすることを目的とした研究に着手した。滋賀県立大学教授の柴田克己氏を主任研究者とする厚生労働科学研究のなかで実施。カロテノイドの分担研究を行うのは徳島大学大学院教授の寺尾純二氏。

関連記事

  1. 厚労省、食品の安全性確保「当然のこと」
  2. 15年サプリ支出0.4%減
  3. 財務省 輸入通関統計 台湾産クロレラが順調 1-7月累計、5%増…
  4. 自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る
  5. がんセンター・津金氏 食品成分の評価法を紹介 がん予防効果、疫学…
  6. 成人病学会、来年1月に都内で
  7. 目黒化工とファンケル美健、日健栄協GMP取得
  8. アムスライフ、自然食品販売の正直村を子会社化へ
PAGE TOP