ヘッドラインニュース

厚労省研究班、カロテノイドの「必要量」を検討

 厚生労働省は、カロテノイドの必要量を明らかにすることを目的とした研究に着手した。滋賀県立大学教授の柴田克己氏を主任研究者とする厚生労働科学研究のなかで実施。カロテノイドの分担研究を行うのは徳島大学大学院教授の寺尾純二氏。

関連記事

  1. 九州自然食品協同組合、健康食品フェアに200人
  2. キリンヤクルト、ブナハリタケ特保を上市
  3. ASEAN10ヵ国 共通のサプリ制度創設へ 定義で大筋合意
  4. 経産省、健康サービス産業創出で委託事業公募スタート
  5. 通販企業・実態報告書 取扱商品、健食がトップ 46%の企業が販売…
  6. 厚労省 18年度予算内示 健食対策、引き続き強化
  7. 今年の通販市場、「昨年同様の成長率に」(通販協・品川会長)
  8. 農水省、健食研究に本腰 10年後の達成目標示す
PAGE TOP