ヘッドラインニュース

厚労省研究班、カロテノイドの「必要量」を検討

 厚生労働省は、カロテノイドの必要量を明らかにすることを目的とした研究に着手した。滋賀県立大学教授の柴田克己氏を主任研究者とする厚生労働科学研究のなかで実施。カロテノイドの分担研究を行うのは徳島大学大学院教授の寺尾純二氏。

関連記事

  1. 女性の健康支援シンポ、妊婦の低栄養に警鐘
  2. サントリー、「黒烏龍茶」類似品めぐり2社を提訴
  3. JIHFS・大濱理事長 業界内の認識一致求める 健食制度見直しで…
  4. 米国で大豆論争が活発化
  5. 健康博覧会、あす27日開幕 メタボ対応商材が集結 出展規模100…
  6. 住友商事と東洋新薬、健食・化粧品販売の合弁会社設立
  7. 薬健研が勉強会、伊藤阪大教授「病者用特保の開発進む」
  8. エイボン、ネットワークビジネスに新規参入
PAGE TOP