ヘッドラインニュース

厚労省研究班、カロテノイドの「必要量」を検討

 厚生労働省は、カロテノイドの必要量を明らかにすることを目的とした研究に着手した。滋賀県立大学教授の柴田克己氏を主任研究者とする厚生労働科学研究のなかで実施。カロテノイドの分担研究を行うのは徳島大学大学院教授の寺尾純二氏。

関連記事

  1. 創健社が会社説明会、「業績回復基調に」
  2. 日健栄協、グルコン酸とウコンで規格基準
  3. 規制改革要望、6月1日から受付スタート
  4. 人間ドック、異常最多は「高コレステロール」 「肥満」3割超に
  5. 世界初、センサー内蔵の錠剤をFDAが承認 大塚製薬の抗精神病薬
  6. 食品化学研究振興財団、研究報告集まとめる
  7. ユニテックフーズ、水溶性リンゴパウダーの供給開始
  8. 昨年の「総世帯」の健食支出、3・6%減
PAGE TOP