ヘッドラインニュース

16年度家計調査 健食支出、2年連続2桁増

 家庭の財布のひもが固く締まる中、健食への支出は2年連続で2桁の伸び――。総務省は10日、平成17年3月期ならびに平成16年度の家計調査報告を発表した。クロレラやアロエなど健康保持用摂取品の16年度の1ヵ月あたりの支出額は1310円で、名目で14.1%増と大きく伸長。健康食品への支出は15年度にも名目28.0%増という伸び率を記録しており、家計調査全体ではマイナスあるいは微増という項目が目立つ中、2年連続での2桁増となった。「主にサプリメントが伸びている」(総務省統計局)という。

関連記事

  1. 農研機構 農産物9品のレビュー 緑茶、大麦、魚、大豆など
  2. ビタミンCの風邪予防効果に疑問?
  3. 国民新党、健食問題を議論
  4. 米、ノコギリヤシ原料の偽物が問題に
  5. 薬事法改正で健食専業終焉? 医薬品通販増加で市場再編か
  6. 特保併用で抗動脈硬化作用 「大豆蛋白+茶カテキンで」
  7. 自民党、特商法改正の検討に着手 訪販・通販規制強化へ
  8. ハウス食品と武田薬品、飲料・食品事業で合弁契約締結
PAGE TOP