ヘッドラインニュース

抗加齢医学会、専門医認定制度スタート

 日本抗加齢医学会(理事長=聖マリアンナ医科大学名誉教授・水島裕氏)が学会としての存在感を強めている。同学会は10日に記者会見を開き、学会誌「アンチ・エイジング医学」の創刊号を発行したことや、6月に「日本抗加齢医学会専門医・指導士」の認定試験を実施することを明らかにした。また、01年に20人で立ち上げた同会の会員数が、9日時点で2189人になったことも報告された。

関連記事

  1. 06年前半・健食受託市況 3割の企業が経営悪化
  2. 米GMP、意見募集期間を30日間延長 大混乱の様相
  3. 広島県警、薬事法違反容疑で健食企業社長ら逮捕
  4. 2010年健食支出、11月時点で前年上回る
  5. 特保審査の都道府県への委譲、厚労省「実現困難」
  6. 「歩行能力改善」の機能性表示食品、取下げ相次ぐ
  7. イタリア研究班、100超のアガリクス研究を総括
  8. 協和発酵、コーンセラミドの美容効果を確認
PAGE TOP