ヘッドラインニュース

抗加齢医学会、専門医認定制度スタート

 日本抗加齢医学会(理事長=聖マリアンナ医科大学名誉教授・水島裕氏)が学会としての存在感を強めている。同学会は10日に記者会見を開き、学会誌「アンチ・エイジング医学」の創刊号を発行したことや、6月に「日本抗加齢医学会専門医・指導士」の認定試験を実施することを明らかにした。また、01年に20人で立ち上げた同会の会員数が、9日時点で2189人になったことも報告された。

関連記事

  1. 全健協、新春の集いに120人
  2. 総医研、クリニカルトラストと資本・業務提携
  3. RJ公取協、ポジティブリスト制で対応策
  4. 特保の7割が市販後情報を収集
  5. 日本予防医薬、抗疲労特保を申請
  6. 厚労省 食薬区分改正案で意見募集
  7. 特別用途食品検討会、対象食品見直しで業界が意見陳述
  8. 東京都、健食講習会を開催
PAGE TOP