ヘッドラインニュース

健康栄養調査「高齢者の健康」実態把握へ


「低栄養」「身体活動」などを調査

厚生労働省は2017年の国民健康・栄養調査で、高齢者の健康・生活習慣に関する実態把握に乗り出す。ロコモティブシンドロームや虚弱化などが課題となる中、低栄養や身体活動等の状況調査する方針だ。23日に開催された有識者検討会での意見を踏まえて調査票を作成。総務省との協議等を経て最終決定する。


例年カルシウム等で摂取不足傾向などが示される国民健康・栄養調査では・・・

(詳しくは3月24日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 健食表示検討会、エビデンスレベルを整理
  2. 機能性表示、今年の受理50品突破 「筋肉」「血流」など新表示登場…
  3. 特保併用で抗動脈硬化作用 「大豆蛋白+茶カテキンで」
  4. 健食による健康被害、1ヵ月に8件報告 都調査
  5. 食品開発展が開幕、「ロコモ」対応が増加
  6. 残留農薬の新制度 健康食品にも影響大
  7. ASEANヘルス&ウェルネス展、16日スタート
  8. 「栄養表示の義務化」打ち出す
PAGE TOP