ヘッドラインニュース

健康栄養調査「高齢者の健康」実態把握へ


「低栄養」「身体活動」などを調査

厚生労働省は2017年の国民健康・栄養調査で、高齢者の健康・生活習慣に関する実態把握に乗り出す。ロコモティブシンドロームや虚弱化などが課題となる中、低栄養や身体活動等の状況調査する方針だ。23日に開催された有識者検討会での意見を踏まえて調査票を作成。総務省との協議等を経て最終決定する。


例年カルシウム等で摂取不足傾向などが示される国民健康・栄養調査では・・・

(詳しくは3月24日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 明治製菓、赤シソ葉は「科学的根拠明瞭な健食」
  2. 日健栄協 賀詞交歓会に約400人
  3. 厚労省 18年度予算内示 健食対策、引き続き強化
  4. 広告講習会に700人超 美容健食表示で違反増加 「弾むような肌」…
  5. 「歩行能力改善」の機能性表示食品、取下げ相次ぐ
  6. 健康増進法、消費者庁に移管 特保表示変更へ
  7. 永谷園が健康飲料市場に参入、女性向け「梅ぼし飲みたい」
  8. アリメントとフロイント、シームレスカプセル分野で業務提携
PAGE TOP