ヘッドラインニュース

農水省支援事業、葉酸高含有の「女性向け卵」開発へ

 農林水産省は25日、平成17年度「地域食料産業等再生のための研究開発等支援事業」の新規採択課題を発表した。民間企業などから133件の応募があり、計64課題を採択。ファーマフーズでは、葉酸を高濃度で含む女性向け「新規機能性卵」の安定生産を目指す。高梨乳業では、複合乳酸菌発酵により、スギ花粉症などのアレルギー体質改善効果を有する新規機能性食品の製造技術の開発に乗り出す。

関連記事

  1. DgSの健食販売、2月は4.3%増
  2. 「機能性表示」導入から1年 受理企業100社到達
  3. 厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定な…
  4. 健康食品への不安減少
  5. 健食支出、11月は1000円割れ
  6. 都、ネット上の健食広告監視を全国に拡大
  7. 消費者庁・赤﨑課長が講演 機能性表示の届出、相談に対応
  8. 米、ノコギリヤシ原料の偽物が問題に
PAGE TOP