ヘッドラインニュース

医療関係者の7割、患者の健食摂取で「中止促すケースも」

 医療関係者の7割以上が、患者が健食を利用していた場合、状況に応じて摂取中止を促していることが、東京都が26日に発表した実態調査結果でわかった。医師・薬剤師ら718人から回答を得たもので、都がこうした調査を行ったのは初めて。

関連記事

  1. 地域資源活用促進法案、来月11日にも成立の見通し
  2. 7次改定・食事摂取基準
  3. 厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起
  4. 厚労省人事・新開発食品保健対策室長に北島智子氏
  5. 10月3~5日「食品開発展」 開催概要決定
  6. RJ公取協、デセン酸の調査研究を強化
  7. 滋賀県、中国輸入健食から医薬品成分 岡崎市の事例と関連か
  8. 栄養ケアステーション 機能性食品販売を推進 特定健診制度スタート…
PAGE TOP