ヘッドラインニュース

厚労省 健食新制度の説明会 特許表示で注意喚起

 厚生労働省と関東信越厚生局の主催による「『健康食品』に係る新制度の普及啓発説明会」が23日、都内で開催され、約300人が参加した。昨年3月末の通知に基づき事業者への行政指導などを行っている関東信越厚生局の先崎仁思氏が、実際に指導対象となった表示違反事例を紹介。「この食品はFDAを通過し、厚労省の検疫をクリアして輸入が認められた」「美肌やダイエットに抜群の効果を発揮」などの実例を挙げた。

関連記事

  1. タカラバイオ、阪大に寄付研究部門を開設
  2. 地方発の健食開発相次ぐ
  3. 聘珍樓、燕の巣サプリで健食市場に参入
  4. 8月6日の健食安全性検討会 4業界団体が意見陳述へ 効能表示の検…
  5. 食事バランスガイド、達成率低く・・農水省職員でも「実践難しい」
  6. 食品安全委、リスク評価の検討対象候補に健食素材浮上
  7. 1239号(2008年6月24日号)配信
  8. コロソリン酸がメタボリック症候群に有効 動脈硬化学会
PAGE TOP