ヘッドラインニュース

厚労省・増田推進官 「成分の届出義務化」報道を否定 「検討予定なし」

 読売新聞が12日付の1面で、4月以降に設置される厚生労働省の「健康食品の安全性確保に関する検討会」において製品に含まれる成分の届出の義務化が検討される、と報じたことを受けて、業界内で波紋が広がっていたが、同省・新開発食品保健対策室の増田雅暢食品安全推進官は14日、本紙の取材に対し、「成分の届出は非現実的」と報道内容を全面的に否定した。→続きは『健康産業速報』第1103号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 健食広告、雑誌は減少 新聞は増加
  2. 米調査、「Caサプリメントで体重増加抑制」
  3. 日本クリニック、「牡蠣の塩」の開発に成功 ギネス申請へ
  4. NR資格、「役に立っている」は約6割
  5. 「ルナYBF」設立、ルナ再生計画で 山田養蜂場製品の製造も
  6. 特保一挙14品、計581品目に 規格基準型も誕生
  7. 小岩井乳業、花粉症対応のヨーグルト飲料
  8. 機能性表示食品、600品突破 16年度受理数、前年越えへ
PAGE TOP