ヘッドラインニュース

厚労省、CoQ10のリスク評価を食品安全委に依頼

 厚生労働省は22日、コエンザイムQ10の安全性について、食品安全委員会に意見を求めたと発表した。厚労省では昭和63年より、医薬品としても用いられている成分を健康食品に利用する場合、1日摂取量が医薬品の用量を超えないよう指導を行ってきた。このほど、CoQ10の規格基準設定を依頼していた(財)日本健康・栄養食品協会から、「1日摂取目安量の上限値を300mg以下と設定したい」との中間報告があった。厚労省ではこれを受け、摂取目安量の妥当性を含めて、CoQ10の安全性について、食品安全委員会にリスク評価を依頼。意見を聞いた後に対応策を検討し、関係業界などの評価結果を通知する。  なお厚労省では今回のリスク評価依頼を行った背景について、「CoQ10によることが明らかな健康被害は確認されていない」ことを強調している。

関連記事

  1. 東大・染谷氏ら、「活性酸素は老化に関与しない」
  2. 特定健診でメタボ予防 健康食品市場に商機 来年4月スタート
  3. 初の「疾病リスク低減特保」、リスク評価スタート
  4. 東京都 平成20年度計画 健食製造業者を一斉監視 4~5月に実施…
  5. 食薬区分、年度内改正へ 年内にも意見募集実施 タウリン・グルタチ…
  6. 健康博覧会が閉幕、4万5000人以上が来場
  7. ADM、有機大豆の原料供給開始
  8. 永谷園、サプリメント市場に参入
PAGE TOP