ヘッドラインニュース

厚労省、CoQ10のリスク評価を食品安全委に依頼

 厚生労働省は22日、コエンザイムQ10の安全性について、食品安全委員会に意見を求めたと発表した。厚労省では昭和63年より、医薬品としても用いられている成分を健康食品に利用する場合、1日摂取量が医薬品の用量を超えないよう指導を行ってきた。このほど、CoQ10の規格基準設定を依頼していた(財)日本健康・栄養食品協会から、「1日摂取目安量の上限値を300mg以下と設定したい」との中間報告があった。厚労省ではこれを受け、摂取目安量の妥当性を含めて、CoQ10の安全性について、食品安全委員会にリスク評価を依頼。意見を聞いた後に対応策を検討し、関係業界などの評価結果を通知する。  なお厚労省では今回のリスク評価依頼を行った背景について、「CoQ10によることが明らかな健康被害は確認されていない」ことを強調している。

関連記事

  1. 機能性表示、「届出」ガイドラインの概要明らかに
  2. CMPグループ主催のHiE閉幕、カーギルの機能性甘味料に金賞
  3. 健食受託製造市況 工場建設ラッシュ続く
  4. 栄養改善学会、27日から徳島で 女性の痩身願望に警鐘
  5. フィットネスクラブ市場3858億円、サプリも寄与
  6. 健食議連・石崎会長、業界関係者との意見交換実施へ
  7. 規制改革推進会議 食薬区分、運用見直し検討 オリザノール等の扱い…
  8. 米国、新たな食生活指針 不足栄養素の補充に「サプリ有効」
PAGE TOP