ヘッドラインニュース

健食利用経験者、62%に UFJ総研調べ

 UFJ総合研究所は2日、「増大する健康・癒し関連産業のニーズ」と題する研究レポートをまとめた。調査は2003年1月にインターネットを通じて行い、8997人から得た回答を分析した。対象とする健康産業分野は、サプリメント等健康食品、漢方薬、ドリンク剤、気功、整体、アロマテラピー、ヨガ、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、音楽療法など多岐にわたる。これらの療法や健康法を利用したことがある割合は83.0%。1人あたり平均で4種類を併用していた。健康食品の利用経験者は62.4%だった。

関連記事

  1. 大分県、薬店で販売の健食から医薬品成分
  2. 18年上期スーパーフードトレンド予測、1位はハナビラタケ
  3. 健食成分の機能性研究始動
  4. 自民党・食育調査会、「あるある」問題で行政に詰め寄る
  5. 米NNFA展 ノニ等、果実系が人気 トレンドは「リキッド健食」
  6. 日健栄協、CoQ10上限値「当分の間設定しない」
  7. 中国地方の健食市場 2割増の800億円に 自然食品が牽引
  8. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
PAGE TOP