ヘッドラインニュース

健食利用経験者、62%に UFJ総研調べ

 UFJ総合研究所は2日、「増大する健康・癒し関連産業のニーズ」と題する研究レポートをまとめた。調査は2003年1月にインターネットを通じて行い、8997人から得た回答を分析した。対象とする健康産業分野は、サプリメント等健康食品、漢方薬、ドリンク剤、気功、整体、アロマテラピー、ヨガ、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、音楽療法など多岐にわたる。これらの療法や健康法を利用したことがある割合は83.0%。1人あたり平均で4種類を併用していた。健康食品の利用経験者は62.4%だった。

関連記事

  1. 農水省支援事業、葉酸高含有の「女性向け卵」開発へ
  2. サン・クロレラ販売、逆転勝訴 大阪高裁「優良誤認の恐れなし」
  3. 米、サプリメントの金属汚染が問題に
  4. 高齢者3500万人突破 サプリ支出,65歳未満の2倍超 ネット通…
  5. 高麗人参、市場規模200億円に
  6. 【号外】消費者庁 健食表示検討会が終了  「取り締まり指針」作成…
  7. アムスライフサイエンス、ジャスダック上場へ
  8. 厚労省 4・13事務連絡の62用語 「疾病名を連想」なら違法 従…
PAGE TOP