ヘッドラインニュース

健食利用経験者、62%に UFJ総研調べ

 UFJ総合研究所は2日、「増大する健康・癒し関連産業のニーズ」と題する研究レポートをまとめた。調査は2003年1月にインターネットを通じて行い、8997人から得た回答を分析した。対象とする健康産業分野は、サプリメント等健康食品、漢方薬、ドリンク剤、気功、整体、アロマテラピー、ヨガ、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、音楽療法など多岐にわたる。これらの療法や健康法を利用したことがある割合は83.0%。1人あたり平均で4種類を併用していた。健康食品の利用経験者は62.4%だった。

関連記事

  1. 家計調査9月 健食支出、回復傾向鮮明に 前年同月比18.8%増
  2. 1230号(2008年5月23日号)配信
  3. アピ、便秘改善する機能性食品開発へ 特保取得も視野
  4. 健食などによる健康危機、迅速対応へ 厚労省
  5. 農業白書、19年度施策方針示す 新食品開発で需要創造 健康食品の…
  6. 国セン 業務の抜本的見直しへ 商品テストの外部化も 内閣府の検討…
  7. 欧州ヘルスクレーム、来年1月統一へ
  8. 東京都 「健康に関する世論調査」
PAGE TOP