ヘッドラインニュース

健食利用経験者、62%に UFJ総研調べ

 UFJ総合研究所は2日、「増大する健康・癒し関連産業のニーズ」と題する研究レポートをまとめた。調査は2003年1月にインターネットを通じて行い、8997人から得た回答を分析した。対象とする健康産業分野は、サプリメント等健康食品、漢方薬、ドリンク剤、気功、整体、アロマテラピー、ヨガ、アーユルヴェーダ、ホメオパシー、音楽療法など多岐にわたる。これらの療法や健康法を利用したことがある割合は83.0%。1人あたり平均で4種類を併用していた。健康食品の利用経験者は62.4%だった。

関連記事

  1. 資生堂、新「ギムリンド」シリーズ展開へ
  2. 中国の電子商取引市場、56兆円 「越境」は4.8兆円、サプリ人気…
  3. バイブル本事件、史輝出版・瀬川社長に執行猶予付き有罪判決
  4. ホンダ子会社、ナットウキナーゼで健食市場参入
  5. 食品開発展が開幕、「ロコモ」対応が増加
  6. 食品開発展レポート
  7. 国セン、健康食品の損害相談が大幅減
  8. アムスライフ、本草製薬からの事業譲り受けで契約締結
PAGE TOP