ヘッドラインニュース

国立栄研、産学連携でミネラル健食開発

 国立健康・栄養研究所は3日、産学連携研究で「吸収効率のよいミネラル製剤(健康補助食品)」を開発することを企業に提案する、と発表した。ミネラルのうち、「今後特にカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンのサプリメント市場が拡大する」と予測。有効性や安全性を科学的に実証した製品開発が望まれていることから、効果が実証された吸収効率のよいミネラル健食を企業と共同開発する方針を決めた。

関連記事

  1. 富士経済、「シルバー&シニアフード」の市場調査結果発表
  2. 厚労省 特別用途食品の制度見直し 検討会発足で最終調整 10月以…
  3. 宝ホールディングス、機能性食品事業を再編 新会社を設立
  4. 06年人間ドック全国集計 「異常なし」過去最低の11% メタボ関…
  5. JRJ製薬、CVSルートでの王乳ドリンク販売に着手
  6. 【イベント】2006年10月4日、サイモン・ペットマン氏特別講演…
  7. 国立栄研、健食情報サイトに新規素材追加 計324成分に
  8. 厚労省・健食安全性検討会、制度改正に向け論点整理
PAGE TOP