ヘッドラインニュース

国立栄研、産学連携でミネラル健食開発

 国立健康・栄養研究所は3日、産学連携研究で「吸収効率のよいミネラル製剤(健康補助食品)」を開発することを企業に提案する、と発表した。ミネラルのうち、「今後特にカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンのサプリメント市場が拡大する」と予測。有効性や安全性を科学的に実証した製品開発が望まれていることから、効果が実証された吸収効率のよいミネラル健食を企業と共同開発する方針を決めた。

関連記事

  1. 特定健診でメタボ予防 健康食品市場に商機 来年4月スタート
  2. シトルリンで研究会発足
  3. 都、キャッチセールス業者3社に業務停止命令 健食など販売
  4. 名市大・牧野氏が講演 健康食品、再分類が必要 栄養素と生薬、「区…
  5. 09年健食市場規模発表
  6. 薬学会、28日から仙台で 健食関連の発表100題以上
  7. 食薬区分、年度内改正へ 年内にも意見募集実施 タウリン・グルタチ…
  8. 京都府立医大・吉川氏、「メタボロミクス研究でバイオマーカー探索」…
PAGE TOP