ヘッドラインニュース

国立栄研、産学連携でミネラル健食開発

 国立健康・栄養研究所は3日、産学連携研究で「吸収効率のよいミネラル製剤(健康補助食品)」を開発することを企業に提案する、と発表した。ミネラルのうち、「今後特にカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンのサプリメント市場が拡大する」と予測。有効性や安全性を科学的に実証した製品開発が望まれていることから、効果が実証された吸収効率のよいミネラル健食を企業と共同開発する方針を決めた。

関連記事

  1. 日本クリニック、脂肪対応ドリンクで特保市場に参入
  2. 厚労省、食薬区分改正を通知
  3. 総務省 家計調査3月 健食支出額、2%増に 市場回復に期待感
  4. 1246号(2008年7月18日号)配信
  5. プエラリア健食、原植物を間違えるケースも?厚労省研究班調査
  6. 健食表示検討会、業界「摂取対象者表示」提示
  7. 「酵素・酵母食品」市場規模 33%増の360億円
  8. 健康食品の支出額 8ヶ月連続前年割れ 8月期、今年最大の落込
PAGE TOP