ヘッドラインニュース

国立栄研、産学連携でミネラル健食開発

 国立健康・栄養研究所は3日、産学連携研究で「吸収効率のよいミネラル製剤(健康補助食品)」を開発することを企業に提案する、と発表した。ミネラルのうち、「今後特にカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンのサプリメント市場が拡大する」と予測。有効性や安全性を科学的に実証した製品開発が望まれていることから、効果が実証された吸収効率のよいミネラル健食を企業と共同開発する方針を決めた。

関連記事

  1. 健食企業、中国進出の動き加速
  2. ビタミン学会、27日から徳島で VC等の有効性を報告
  3. 通販協 04年度・通販企業実態調査
  4. 明治製菓、赤シソ葉は「科学的根拠明瞭な健食」
  5. アリメントとフロイント、シームレスカプセル分野で業務提携
  6. リスク低減型特保、安全性評価は再審議に
  7. 通販協調査、健食含む「食料品」売上が6ヵ月連続前年上回る
  8. アガリクス協議会、13日に第1回総会
PAGE TOP