ヘッドラインニュース

国立栄研、産学連携でミネラル健食開発

 国立健康・栄養研究所は3日、産学連携研究で「吸収効率のよいミネラル製剤(健康補助食品)」を開発することを企業に提案する、と発表した。ミネラルのうち、「今後特にカルシウム、マグネシウム、亜鉛、セレンのサプリメント市場が拡大する」と予測。有効性や安全性を科学的に実証した製品開発が望まれていることから、効果が実証された吸収効率のよいミネラル健食を企業と共同開発する方針を決めた。

関連記事

  1. 「CLAで体脂肪低減」 コグニスセミナーで
  2. 通関(確報)7月期 ローヤルゼリー伸び悩む
  3. 健康博覧会が閉幕、4万5000人以上が来場
  4. 1244号(2008年7月11日号)配信
  5. 家計調査10月、健食支出2.5%増
  6. 理研と阪大、亜鉛の機能で新発見 「免疫応答を制御」
  7. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  8. 40-74歳男性、予備群含め2人に1人がメタボ症候群
PAGE TOP