ヘッドラインニュース

高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記

 政府は3日、2005年版高齢社会白書を閣議決定した。白書は高齢社会対策基本法に基づき、1996年から政府が毎年国会に提出している年次報告書。日本の高齢化の状況や、政府の対策などについてとりまとめており、高齢社会に対応した健康食品の開発支援の必要性にも言及する内容となっている。

関連記事

  1. 第2回エグゼクティブ会議 サプリ新法制定へ前進 議連4役迎え意見…
  2. エゾウコギで血流改善 「ヘモレオロジー学会誌」に掲載
  3. 特定保健用食品 600品目を突破 市場規模も拡大
  4. ナチュラルグループ本社、全国総会盛大に
  5. 独デグサ、米カーギルに食品原材料事業を売却
  6. 都、今年も健食製造業者に立入調査
  7. 健康産業速報ロゴ2 森川健康堂、ローヤルゼリー初の「インフォームドチョイス」認証取得…
  8. 健康博覧会、あす16日開幕
PAGE TOP