ヘッドラインニュース

高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記

 政府は3日、2005年版高齢社会白書を閣議決定した。白書は高齢社会対策基本法に基づき、1996年から政府が毎年国会に提出している年次報告書。日本の高齢化の状況や、政府の対策などについてとりまとめており、高齢社会に対応した健康食品の開発支援の必要性にも言及する内容となっている。

関連記事

  1. バイブル本事件、健食販社社長らに執行猶予付き有罪判決
  2. 厚労省、新特保制度で中間報告
  3. 「歩行能力改善」の機能性表示食品、取下げ相次ぐ
  4. 通販協調査、健食含む「食料品」売上が6ヵ月連続前年上回る
  5. 機能性表示「溶出試験」に課題、エキスは「相当の検討必要」
  6. 食品開発展 783小間、アジア最大規模の素材展に
  7. 経産省・半田氏、「通販で消費者の利便性拡大」
  8. 日健栄協、林理事長による新体制発足
PAGE TOP