ヘッドラインニュース

高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記

 政府は3日、2005年版高齢社会白書を閣議決定した。白書は高齢社会対策基本法に基づき、1996年から政府が毎年国会に提出している年次報告書。日本の高齢化の状況や、政府の対策などについてとりまとめており、高齢社会に対応した健康食品の開発支援の必要性にも言及する内容となっている。

関連記事

  1. 米自然食品に“巨人”参入 アマゾン、WFMを1.5兆円で買収
  2. 日健栄協、7日に賀詞交歓会 600人が参加
  3. 食品安全委、特保「キリン ブナハリ茸」の安全性を確認
  4. ビタミン学会、27日から徳島で VC等の有効性を報告
  5. 機能性表示、5割強で支援策 42都道府県が回答
  6. 血糖値対応の健食市場、550億円に
  7. 都、改正景表法の運用本格化 「活水器」の根拠資料要求
  8. 富士経済、「シルバー&シニアフード」の市場調査結果発表
PAGE TOP