ヘッドラインニュース

高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記

 政府は3日、2005年版高齢社会白書を閣議決定した。白書は高齢社会対策基本法に基づき、1996年から政府が毎年国会に提出している年次報告書。日本の高齢化の状況や、政府の対策などについてとりまとめており、高齢社会に対応した健康食品の開発支援の必要性にも言及する内容となっている。

関連記事

  1. 国立栄研、医薬基盤研究所と統合
  2. 厚労省人事、新開発食品保健対策室長に山田英樹氏
  3. 中国健康商品市場、7500億円に
  4. 組み換え植物から健食原料、事業化へ
  5. 日健栄協、CoQ10上限値「当分の間設定しない」
  6. 福岡県、健食試買調査で4品から医薬品成分
  7. 健康食品GMP 取得製造所、100の大台到達へ
  8. 日健栄協、25日に交流会 「新JHFA構想」を紹介 健食安全性め…
PAGE TOP