ヘッドラインニュース

高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記

 政府は3日、2005年版高齢社会白書を閣議決定した。白書は高齢社会対策基本法に基づき、1996年から政府が毎年国会に提出している年次報告書。日本の高齢化の状況や、政府の対策などについてとりまとめており、高齢社会に対応した健康食品の開発支援の必要性にも言及する内容となっている。

関連記事

  1. 健康産業速報ロゴ 東海大学、来年4月に健康学部開設
  2. 日健栄協、「ビルベリーエキス食品」の規格基準公示
  3. キューサイ、特保市場に本格参入
  4. キリン堂中間期、健食売上14%減 CoQ10需要低迷
  5. 応微研が債権者説明会、「プロポリスで自力再建目指す」
  6. オージービー、日米の有機認証マーク取得サプリ上市
  7. 兼松ウェルネス、乳タンパク濃縮物の供給開始
  8. ニプロ、ペースト状明日葉原料の供給開始
PAGE TOP