ヘッドラインニュース

高齢社会白書が閣議決定 健食の開発支援を明記

 政府は3日、2005年版高齢社会白書を閣議決定した。白書は高齢社会対策基本法に基づき、1996年から政府が毎年国会に提出している年次報告書。日本の高齢化の状況や、政府の対策などについてとりまとめており、高齢社会に対応した健康食品の開発支援の必要性にも言及する内容となっている。

関連記事

  1. 景表法 自治体の権限強化案浮上
  2. 世界の健食市場6兆3000億円に
  3. 文科省研究班、機能性食品の評価法を開発
  4. サラリーマンの4割にダイエット経験…でも6割弱が失敗
  5. 機能性表示食品、健食の「危害」報告
  6. 日健栄協、安全性第三者認証で作業部会
  7. 日本クリニック、脂肪対応ドリンクで特保市場に参入
  8. 幼児のサプリ利用実態調査
PAGE TOP