ヘッドラインニュース

厚労科学研究、「α-リポ酸でメタボリック症候群予防」

 厚生労働科学研究による「いわゆる健康食品の有効性の評価に関する研究」の平成17年度の報告書がまとまった。(中略)今回の研究により、①免疫調節機能、アレルギー予防機能を有する食品の評価方法、②食品の持つ生活習慣病(がん、循環器疾患、精神疾患)予防効果の評価方法、③口腔における保健機能を有する食品の評価方法――の確立を目指した。→続きは「健康産業速報」第1032号で!

関連記事

  1. 奈良県調査、健食利用経験者93%
  2. FDA、サプリ新成分でガイダンス
  3. 健康産業速報20180719 春日井製菓、同社初の機能性表示食品 GABA配合のど飴
  4. サプリ支出横ばい 0.5%減 家計調査17年上半期
  5. 厚労省08年度政策評価、健食の被害報告数も対象に
  6. 健食懇、健食ユーザー対象に調査 64%が満足
  7. 全健協、収入大幅減で事業見直し
  8. 食品機能性評価支援センター、来月10日に開所式
PAGE TOP