ヘッドラインニュース

厚労科学研究、「α-リポ酸でメタボリック症候群予防」

 厚生労働科学研究による「いわゆる健康食品の有効性の評価に関する研究」の平成17年度の報告書がまとまった。(中略)今回の研究により、①免疫調節機能、アレルギー予防機能を有する食品の評価方法、②食品の持つ生活習慣病(がん、循環器疾患、精神疾患)予防効果の評価方法、③口腔における保健機能を有する食品の評価方法――の確立を目指した。→続きは「健康産業速報」第1032号で!

関連記事

  1. 05年輸入通関累計 クロレラ、約1300トンに 韓国・中国等 海…
  2. 食品開発展、20日(火)開幕 570社・960小間で過去最大 業…
  3. 経団連、「特保の事前審査制度」で再検討要請
  4. 厚労省 4・13健食表示規制問題 事務連絡第二弾、見送りに 「市…
  5. 統合医療展が閉幕、2日間で8516人が来場
  6. 05年人間ドック全国集計 「異常なし」わずか12% 生活習慣病の…
  7. スペインで健康素材展「HIE」
  8. 公取委、ダイエット食品で排除命令
PAGE TOP