ヘッドラインニュース

CRN−J 業界団体「連合構想」浮上

 複数の団体が乱立する健康食品産業に、「業界団体連合構想」が浮上した。CRN JAPANが15日に開催した勉強会の席で、有志らによるパネルディスカッションが行われ、構想の内容を明らかにするとともに、その実現可能性を検討した。現在、健食業界には複数の団体が存在する。業界内では住み分けが行われていると認識されているが、外部には「なぜ一本化できないのか」(自民党・長勢甚遠衆院議員)と映っていた。連合構想により、ほとんどの団体が運営費に予算の大半を割く中、多額の費用を必要とする消費者啓発活動などが可能になるとしている。

関連記事

  1. 骨粗鬆症薬とサプリメント、「飲み合わせに注意」
  2. 日健栄協、特保情報公開で陳情書
  3. 欧州ヘルスクレーム、来年1月統一へ
  4. 東京都試買調査 不適正表示に改善指導 「機能性表示」で1品に不備…
  5. 厚労省人事、大川広告専門官が異動
  6. 16年度消費者意識基本調査「機能性表示」、26%に摂取経験
  7. 食品安全委、アガリクス問題を検証
  8. 埼玉県、VE健食の商品テスト 所要量の28倍となる製品も
PAGE TOP