ヘッドラインニュース

薬学会、機能性表示食品研究 ウコン、レスベラ、CoQ10等

日本薬学会137年会が3月24日~27日、仙台で開催される。薬学会賞受賞講演として、千葉大院の斉藤和季氏が、「植物メタボロミクスの開拓と薬用資源植物ゲノミクスへの展開」と題し発表する。一般シンポジウム「食事、運動、睡眠~生活習慣から薬物治療と創薬を考える」では、静岡県大の森本達也氏が、食品成分による心不全治療の可能性について講演する。

一般講演では、ウコン、レスベラトロール,ラクトフェリン、コンドロイチン、プロテオグリカン、トコトリエノール、コエンザイムQ10、クリルオイル、マカ、イノシトール、冬虫夏草、霊芝、エゾウコギ、プロポリスなど、例年通り健康食品にかかわる発表が多数予定されている。機能性表示食品の品質評価に関する研究発表・・・


(詳しくは2月24日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 厚労省・中高年者縦断調査、サプリの有用性明らかに
  2. 日医、健食の健康被害情報の収集へ
  3. 中高年の7割、「生活習慣病に不安」 ロート製薬調べ
  4. 米でコンドロイチン論争、業界団体は効果を強調
  5. 厚生労働科学研究 サプリ30種類を調査
  6. デグサ社、PS新素材の本格供給開始(1/24 )
  7. 米NIH・コーツ氏が来日講演
  8. ケンコーコム、アガリクスの安全性調査を開始
PAGE TOP