ヘッドラインニュース

消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」


機能性表示食品 「適切な考察」条件に

機能性表示食品の根拠データに未成年の18~19歳が含まれていても、適切な考察が行われていれば研究レビュー対象になり得ることが、「規制改革ホットライン」を通じて寄せられた要望に対する消費者庁からの回答で分かった。規制改革推進室が10日までに公表した。


提案を行ったのは健康食品産業協議会。届出ガイドラインでは研究レビュー対象・・・

(詳しくは2月14日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 齋藤容器、サプリメント新型携帯ケースを上市
  2. 米国のハーブランキング、ガーリックがトップ
  3. 自民党、参院選公約に「機能性食品の開発・商品化」
  4. 消費者庁への苦情・相談、健食は1%にとどまる
  5. 国立栄研の健食データベース、144素材を追加
  6. 日健栄協、10月に交流会開催
  7. JIHFS、GMP海外認証第1号はシンギー
  8. RJ公取協、デセン酸の調査研究を強化
PAGE TOP