ヘッドラインニュース

消費者庁、18~19歳データで見解 「一律対象外ではない」


機能性表示食品 「適切な考察」条件に

機能性表示食品の根拠データに未成年の18~19歳が含まれていても、適切な考察が行われていれば研究レビュー対象になり得ることが、「規制改革ホットライン」を通じて寄せられた要望に対する消費者庁からの回答で分かった。規制改革推進室が10日までに公表した。


提案を行ったのは健康食品産業協議会。届出ガイドラインでは研究レビュー対象・・・

(詳しくは2月14日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 不二製油、水溶性イソフラボンの採用相次ぐ
  2. コーデックス総会が閉幕、IADSA提案の食品添加物使用量を承認
  3. アートネイチャー、フラバンジェノールで育毛サービス
  4. 「機能性表示」成分検討会 関口氏、糖質等の追加要望
  5. 食品安全モニター、栄養機能食品の書類提出義務化を要求
  6. 上半期サプリ支出、9%増 4カ月連続の2桁伸長
  7. 近畿2府7県、健康危機発生時の協力協定を締結
  8. 米国で大豆論争が活発化
PAGE TOP