ヘッドラインニュース

原産地表示義務化、消費者庁、意見募集


国内製造の全加工食品対象、20年3月末まで

消費者庁は27日、国内製造で製造されたすべての加工食品を原料原産地表示の義務付け対象とする「食品表示基準の一部を改正する内閣府令(案)」を公表、意見募集を開始した。4月25日まで受け付ける。あす3月29日には消費者委員会での議論がスタート。消費者庁では夏ごろをめどに確定した改正基準等を示したい考えだ。経過措置期間は他の食品表示切替に合わせて、2020年3月末となる見通し。来月には全国8地域で説明会を開催する。


義務化対象となるのは、製品に占める重量割合が上位1位の原材料。重量2位以降の原材料を自主的に表示することもできる。健食に用いられる原料など・・・

(詳しくは3月28日付「健康産業速報」で)




ウェブでは記事の一部を紹介しております。
紙面では企業動向含め、様々な情報を配信中です。

「健康産業速報」 購読案内

毎週二回発行 
年間74,000円、半年41,000円
(6166円/月)


4年ぶりの全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中
2012年版を全面改定し、新たに「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。


関連記事

  1. 厚労省・北島氏が報告 条件付特保、近日中に許可 大豆イソフラ指針…
  2. 厚労省、健食原料の自主点検でガイドライン
  3. 食品安全委が調査 健食摂取経験者が7割に 黒酢、青汁など人気
  4. 大豆イソフラボン特保、厚労省が表示変更検討へ
  5. 大正製薬、健食新ブランド立ち上げへ
  6. 住商食品・カネボウフーズ、機能性ガムOEM事業開始
  7. 農水省、健食研究に本腰 10年後の達成目標示す
  8. ニューウエイズ、業務停止命令受け「法令順守を強化」
PAGE TOP