ヘッドラインニュース

WHO、伝統医療の世界地図が完成

 世界保健機関(WHO)の「伝統・相補・代替医療に関するグローバルアトラス」(英語版2冊組)が、このほどついに完成した。これまで伝統・相補・代替医療(以下、伝統医療)に関する各国の制度や利用状況は、客観的に比較できる情報が不足しており、資料作成が急がれていた。WHOでは100人以上の専門家チームを編成し、ハーブ・伝統医療の国別利用割合や法整備の状況などをまとめた。

関連記事

  1. 千葉県など、産学官共同研究で新規サプリメントを開発
  2. 政府予算概算要求 特保見直しの可能性も
  3. 明治製菓、新甘味素材を開発 「健康事業の目玉に」
  4. 上半期・健食受託実態調査、増収4割・減収4割
  5. 「機能性表示」活用で健食輸出促進、懇話会発足
  6. 食品安全委、リスク評価案件を選定 メシマコブは対象外に
  7. 都老人研、ビタミンCで老化予防
  8. 血糖値対応の健食市場、550億円に
PAGE TOP