ヘッドラインニュース

米FTC ダイエット健食の広告調査

 米国のテレビや雑誌などで、ダイエット健康食品の広告内容が改善され、5割近くあった虚偽誇大表示が1割程度に激減していることが、米連邦取引委員会(FTC)の調査でわかった。エフェドラ製品の全盛期だった01年と比べて、ダイエット広告の数が増えていながら、虚偽誇大表示は減少。FTCではメディアの自主規制が広告内容の改善に大きく貢献していると評価、引き続きメディア対策を強化する。

関連記事

  1. 厚労省、西洋ハーブOTCで海外データ転用認める
  2. 茨城県、健食試買調査で医薬品成分検出
  3. イソフラボンで大規模追跡調査、肺がんリスクが低下
  4. 一丸ファルコス、植物セラミドで健食市場に本格参入
  5. 特保の7割が市販後情報を収集
  6. 農水省、来年度の研究助成事業固まる 健食研究も対象
  7. 厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約
  8. NPO全健協、優良小売店の認証制度を開始
PAGE TOP