ヘッドラインニュース

米FTC ダイエット健食の広告調査

 米国のテレビや雑誌などで、ダイエット健康食品の広告内容が改善され、5割近くあった虚偽誇大表示が1割程度に激減していることが、米連邦取引委員会(FTC)の調査でわかった。エフェドラ製品の全盛期だった01年と比べて、ダイエット広告の数が増えていながら、虚偽誇大表示は減少。FTCではメディアの自主規制が広告内容の改善に大きく貢献していると評価、引き続きメディア対策を強化する。

関連記事

  1. 富士経済調査、ポストCoQ10となる素材は?
  2. CPCC、郵送検診と健康商材販売でビジネスモデル特許出願
  3. 日健栄協、α-リポ酸の規格基準作成へ
  4. ミツバ貿易、サージ供給量が急増
  5. ウコンに胃粘膜障害の抑制効果
  6. 規制改革要望に厚労省が回答 4.13事務連絡、拘束力なし 「直ち…
  7. ケンコーコム、アイスタイルとアフィリエイトパートナーシップ締結
  8. アガリクス問題で経過報告 アガリチンの関与に言及 追加試験実施へ…
PAGE TOP