ヘッドラインニュース

米FTC ダイエット健食の広告調査

 米国のテレビや雑誌などで、ダイエット健康食品の広告内容が改善され、5割近くあった虚偽誇大表示が1割程度に激減していることが、米連邦取引委員会(FTC)の調査でわかった。エフェドラ製品の全盛期だった01年と比べて、ダイエット広告の数が増えていながら、虚偽誇大表示は減少。FTCではメディアの自主規制が広告内容の改善に大きく貢献していると評価、引き続きメディア対策を強化する。

関連記事

  1. 健康食品のバイブル本が激減
  2. 経団連、「特保の事前審査制度」で再検討要請
  3. 液体サプリ製品で健康被害、全米に拡大の恐れ
  4. 健食産業協議会、福島大臣らに要望書
  5. カナダ、健食市場が急成長 400社で総売上3270億円 主要企業…
  6. 厚労省 L-シトルリンで17日に通知 食品への利用可能に 「Co…
  7. 本紙セミナー 新特保制度を専門家が分析
  8. 食品化学研究振興財団、研究報告集まとめる
PAGE TOP