ヘッドラインニュース

厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約

 厚生労働省は11日、「健康日本21」で数値目標が設定されている9分野70項目について項目が多すぎると判断、重点的に取り組む必要がある21項目の目標を「代表目標項目(案)」として選び出した。「栄養・食生活」分野では、これまで14項目あった目標から、「適正体重を維持している人の増加」「脂肪エネルギー比率の減少」など4項目を選定した。

関連記事

  1. ミツバ貿易、「チアオイル」など新原料上市
  2. 厚労省 アガリクス問題 販売自粛製品など議論 追加試験の必要性を…
  3. 厚労省人事、新開発食品保健対策室長に山田英樹氏
  4. 本紙セミナー 健食企業のネット活用術
  5. 生活科学研究所、メシマコブ菌糸体サプリで健食事業参入
  6. エル・エスコーポレーション、新食事摂取基準準拠の混合ミネラル酵母…
  7. 愛知県、「あかひげ薬局」に7日間の業務停止命令
  8. JAS制度拡大、官民連携で新規格 「機能成分の測定法」候補にカテ…
PAGE TOP