ヘッドラインニュース

厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約

 厚生労働省は11日、「健康日本21」で数値目標が設定されている9分野70項目について項目が多すぎると判断、重点的に取り組む必要がある21項目の目標を「代表目標項目(案)」として選び出した。「栄養・食生活」分野では、これまで14項目あった目標から、「適正体重を維持している人の増加」「脂肪エネルギー比率の減少」など4項目を選定した。

関連記事

  1. 薬学会、機能性表示食品研究 ウコン、レスベラ、CoQ10等
  2. 厚労省 16年度概算医療費
  3. 健食が取扱商品のトップに 競争激化で「踊り場へ」
  4. NR協会が設立 「健食の専門家」が集結
  5. 液体サプリ製品で健康被害、全米に拡大の恐れ
  6. 米国健食素材ランキングまとまる
  7. プロポリス市場、300億円で横ばい
  8. ラクトフェリンフォーラム、4・13事務連絡取り上げ12日に講演会…
PAGE TOP