ヘッドラインニュース

厚労省、「健康日本21」テコ入れ 達成目標を21項目に集約

 厚生労働省は11日、「健康日本21」で数値目標が設定されている9分野70項目について項目が多すぎると判断、重点的に取り組む必要がある21項目の目標を「代表目標項目(案)」として選び出した。「栄養・食生活」分野では、これまで14項目あった目標から、「適正体重を維持している人の増加」「脂肪エネルギー比率の減少」など4項目を選定した。

関連記事

  1. イソフラボン問題でモニター調査 健食摂取量、8割弱「変化なし」 …
  2. NR協会が設立 「健食の専門家」が集結
  3. 「健食の時代到来」 前岐阜県知事・梶原氏が強調
  4. 05年度通販市場、10%増の3兆3600億円に 15年ぶり2桁成…
  5. 経産省、各地で健食開発を推進
  6. 09年米ハーブサプリ市場規模
  7. 被害救済装い悪質勧誘、健食購入者らターゲットに 「カモリスト」が…
  8. 議連「健食問題研究会」 石崎会長ら、新法制定で一致 来年の通常国…
PAGE TOP