ヘッドラインニュース

通販協、通販利用実態報告書を発行 健食購入率は20%

 (社)日本通信販売協会は5月31日、「第13回全国通信販売利用実態調査報告書」を発行した。調査は全国の15~79歳の男女を対象に、郵送による独自調査と、戸別訪問面接によるオムニバス調査をそれぞれ実施。独自調査では1321人、オムニバス調査では1170人から有効回答を得た。
 独自調査では、通販の利用経験率は91.4%だった。(中略)性・年齢別に見た健康食品の購入割合は、男性では50代が35.4%、女性では40代が26.6%と高かった。→続きは「健康産業速報」第1031号で!

関連記事

  1. 経産大臣が成長戦略、新健康産業を創出
  2. CRN、健食表示適正化委が初会合
  3. 栄養・食糧学会、5月2日から クロレラの機能性など発表 新規素材…
  4. 今年の通販市場、「昨年同様の成長率に」(通販協・品川会長)
  5. 近畿2府7県、健康危機発生時の協力協定を締結
  6. 経産省、健康サービスで認証制度
  7. 米DgS、3大チェーン体制に
  8. 広島県、個人輸入のニセ薬から医薬品成分 健康被害が発生
PAGE TOP