ヘッドラインニュース

通販協、通販利用実態報告書を発行 健食購入率は20%

 (社)日本通信販売協会は5月31日、「第13回全国通信販売利用実態調査報告書」を発行した。調査は全国の15~79歳の男女を対象に、郵送による独自調査と、戸別訪問面接によるオムニバス調査をそれぞれ実施。独自調査では1321人、オムニバス調査では1170人から有効回答を得た。
 独自調査では、通販の利用経験率は91.4%だった。(中略)性・年齢別に見た健康食品の購入割合は、男性では50代が35.4%、女性では40代が26.6%と高かった。→続きは「健康産業速報」第1031号で!

関連記事

  1. 04年健食市場規模
  2. 5月の健食通販売上高、5%増
  3. 特保の審議再開が足踏み
  4. がん代替療法の支出額 年間9,000億円以上に 筑波大・兵頭氏が…
  5. 農水省 「食品産業の将来方向」提示
  6. 長崎県、健食訪販企業に行政処分
  7. 白鳥薬品、花粉対策サプリメントを発売
  8. 厚労省PT 統合医療、利用実態を調査へ
PAGE TOP