ヘッドラインニュース

通販協、通販利用実態報告書を発行 健食購入率は20%

 (社)日本通信販売協会は5月31日、「第13回全国通信販売利用実態調査報告書」を発行した。調査は全国の15~79歳の男女を対象に、郵送による独自調査と、戸別訪問面接によるオムニバス調査をそれぞれ実施。独自調査では1321人、オムニバス調査では1170人から有効回答を得た。
 独自調査では、通販の利用経験率は91.4%だった。(中略)性・年齢別に見た健康食品の購入割合は、男性では50代が35.4%、女性では40代が26.6%と高かった。→続きは「健康産業速報」第1031号で!

関連記事

  1. 農水省、機能性食品で新需要創造 5課題を採択
  2. 08年上半期家計調査、健食支出明らかに
  3. 「機能性表示」届出ガイドライン改正、1日からオンライン化 消費者…
  4. 厚労省、西洋ハーブOTCで海外データ転用認める
  5. ブルーベリー国際シンポ、29日開催
  6. 日清ファルマ、「CoQ10+カルニチン」併用で体脂肪減少
  7. 健食の自主基準案、一本化に自信 日健栄協・林理事長
  8. 沖縄発酵と産総研、ナノカプセル化技術を開発
PAGE TOP