ヘッドラインニュース

スポーツサプリ21成分でファクトシート プロテイン、HMBなど 市場規模6430億円

米国立健康研究所(NIH)の栄養補助食品室(ODS)は、スポーツサプリに用いられる21成分を検証した専門家向けファクトシートを発表氏ら。HMBやクレアチン、抗酸化成分など、21成分の有用性および安全性に関するデータを検証。「骨格筋損傷を誘発するレベルの運動からの回復を助ける可能性あり(HMB)」、「運動中およびその後の回復期おいて筋力トレーニング反応を最適化する(プロテイン)」などが挙げられている。一方で、研究が限定的だったり、相反する結果が示されていたりする成分があることも指摘。「個々の成分について有用性および安全性をすべて理解するためには、多くの場合でさらなる研究が必要になる」としている。ファクトシートでは、民間調査のデータとして、スポーツサプリの小売りベースで市場規模(2016年)は56億ドル7000万ドル(約6430億円)であることを紹介。サプリメント及び関連商品全体の市場規模411億6000万ドル(約4兆6700億円)の13.8%を占めていることに触れた。また米国の5つの大学で行われた16歳以上の・・・

続きは紙面(2017年7月7日発行)で

媒体紹介

 

関連記事

  1. 埼玉県、健食5品から医薬品成分検出 すべて海外産
  2. DgSに関する消費者意識調査、利用率トップはマツモトキヨシ
  3. 米厚生省、膝関節炎の効果的緩和法「特定できず」 サプリを含め
  4. 健食「送りつけ」2.6倍 東京都の消費者相談
  5. 岡山県、健食訪販業者に行政処分
  6. 九州健食市場、1700億円 無店舗系5社で1000億円超
  7. カネボウ、健康食品の通信販売をスタート
  8. 厚労省、安全性第三者認証で日健栄協案に懸念
PAGE TOP