ヘッドラインニュース

ビタミンCサプリ、「食後の摂取が効果的」 都老人研がアドバイス

東京都老人総合研究所の第85回老年学公開講座「ビタミン取るならC,D,E」が26日に開催され、都民ら1000人以上が参加した。老人研・老化バイオマーカー研究チームの石神昭人氏は、ビタミンCについて解説。同氏らは最近の研究で、ビタミンCが不足すると老化が進行することを世界で始めて明らかにしている。→続きは「健康産業速報」第1047号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 中国産ビルベリーの不純物混入、米国で問題に ハーブ製品全体に波及…
  2. 厚労科学研究、アガリチンの解明進む
  3. 東京都 ネットの広告表示調査 健食業者等に改善指導 法令順守の啓…
  4. 厚労省、16年の厚労科学研究を評価 葉酸、イチョウ葉等「有効」
  5. 理研、植物の硫黄代謝調節する転写因子発見
  6. 食品開発展、大盛況 4万人以上が来場 新素材続々、市場活性化へ
  7. 疾病リスク低減特保、安全性評価が一歩前進
  8. 1237号(2008年6月17日号)配信
PAGE TOP