ヘッドラインニュース

ビタミンCサプリ、「食後の摂取が効果的」 都老人研がアドバイス

東京都老人総合研究所の第85回老年学公開講座「ビタミン取るならC,D,E」が26日に開催され、都民ら1000人以上が参加した。老人研・老化バイオマーカー研究チームの石神昭人氏は、ビタミンCについて解説。同氏らは最近の研究で、ビタミンCが不足すると老化が進行することを世界で始めて明らかにしている。→続きは「健康産業速報」第1047号で!ほかニュース多数!

関連記事

  1. 「Mgがメタボリック症候群に有用」 米の15年追跡調査で
  2. NCCAM、エキナセアの風邪治療効果で否定的見解
  3. DAGのリスク評価、「プロモーター」の統一見解必要
  4. 厚労省 健食新制度で合同部会
  5. 「ナチュラル・プロダクツ・エキスポ ウエスト」 現地レポート グ…
  6. 食品の機能表示、「一定の傾向」ではダメ  厚労省が見解
  7. 20~30代の日本人、3割弱がサプリで風邪に対処
  8. 機能性表示食品、600品突破 16年度受理数、前年越えへ
PAGE TOP