ヘッドラインニュース

千葉県など、産学官共同研究で新規サプリメントを開発

 千葉県は25日、「かずさバイオ共同研究開発センター」でサプリメント開発などの新たな産学官共同研究がスタートすると発表した。テーマは「トマト機能性成分を活用した花粉症・生活習慣病対策食品の開発」。研究期間は平成21年度までの5年間。京都大、筑波大、キッコーマン、日本デルモンテ、千葉県農業総合研究センター、かずさDNA研究所でコンソーシアムを構成する。

関連記事

  1. 特保等の表示問題に言及
  2. アガリクス協議会が記者会見、「問題となった製品以外は安心」
  3. 国セン・宗林氏、健食表示制度の見直しを提言
  4. 健康被害情報、報告義務づけで条例改正
  5. 「あるある」後継番組、順調な滑り出し
  6. 食品成分表、増補版の発行決定 VE関連など新規収載
  7. CoQ協、研究会に160人
  8. 北海道の健食市場が拡大
PAGE TOP